これよりGW前にかけてバタバタするので予定を以下に。まず次の週末、定休連休でちょっと帰省してきます。火曜の昼前には千歳着、その足でトンボを受領して帰夕とする予定です。
して、その火曜の午後にはしばらく欠品にてご不便をおかけしておりましたNSメスティンが再入荷する見込。続く水or木曜には永らく引っ張っていたClue's Inn入荷、という運びとなっております。…入り日が決まっているので先行受注をすれば、という考えもあるんですが損分確認と検品をはしょるとおっかないので上記入荷日での受注スタートとなります点、ご了承ください。

写真は4月に入ったところで下地塗りを依頼していたトンボ外装。来週からGWにかけてのヤマを越えたところで本塗りに入ろうか、という算段で塗料も準備に入った。今回はハイゼット同色を使う予定。

押忍 快速旅団

先日幹事長が買ってきてくれたのがマルヨ水産さん(本社 青森)の塩辛「浜育ち」。呑み助の端くれとして塩辛はもちろん嫌いじゃないけど特別好物というわけでもなく、「ほーん」くらいの気持ちでいただいてみた。が、やや甘味の勝った調味が斬新かつ電撃的な美味さ。
100g小分けで200円とのことで「これは帰省でバラ撒くお土産にエエがな」と思って改めて買ってみた。が、要冷蔵とのことでさすがに長時間運ぶには心もとなく企画倒れ。んん~、パッケージも前はパウチだったのが金具留めになってるから飛行機だと破裂するかもしれんし…。
通販で入手は可能だけどいきなり1kgとかで買うのは勇気がいるだろうなあ。イオンでも買えるっていう未確認情報もアリ。或いは青森~道内で購入して船内の旅情ツマミにするのもよいかと思いますで。

押忍 快速旅団

今日明日と帰省にて岡山へ。千歳空港に着いてみると駐車場が満車で焦った。少しのんびりしようと早めに出たのが功を奏して、便に乗り遅れることはなかったものの泡食ってセイコマ惣菜を車内に忘れてきてしまった。
その後は順調に新神戸へ。上陸してしまえば余裕があるので、新幹線は我がココロの500系によるこだまを敢えて選ぶ。新型車両が投入されていく中、500系に過去の遺物感が漂うのは否めない。しかしそれだけに複葉機やSLに感じるのと同じ郷愁を感じたとて不思議はあるまいて。さしずめ「流線型の輝くボディでお日様を追いかけに行く」って寸法でござる。
円筒型に形成された少し窮屈な室内は自分にとっては攻撃的なタイトさに感じられて心地良い。もうね、利便とか合理性をかなぐり捨てたカッコよさにシビれるのです。

押忍 快速旅団

帰省二日目。我が故郷岡山といえばほどよく街でほどよく田舎、っていうのがいいところだとは思っている。ただ、それだけに市街地を離れると即クルマ社会となるのは致し方なく、今日はレンタカーでの行動。しかしそうなってくると今度はいたるところにクルマがささっている状況に戸惑ってしまった。
ネットでは「岡山の運転ガ-」みたいに言われているからビビっていたものの、ガソリンスタンドから出ようとした際にオラついた風のニイさんが譲ってくれたりして〝混雑しているなりのルール”っていうのがありがたかった。
写真は岡山電鉄の路面電車。かつては全国の退役車両を集めて運行しているような話を聞いていたが二両編成の新車が走っていて目を引いた。路面電車は路面電車で結構な需要があるってことなんだろうと思うとなんだか頼もしいような気持になった。

押忍 快速旅団

本日帰省より復帰。暮正月は雪の処置があるし、お盆はハイタイムだし、ってんで帰省できるチャンスといえば春か秋に絞られるのは致し方ナシ。して、これまでだと春には春分の頃をメドに帰ってたんだけど、どうこう言ってバタバタする時期でもあるから今年はGW前にしてみた。
瀬戸内地方はすでに桜の季節を越えて日中には20~23℃くらいになる、っていうのはもちろんわかっていることだったわけで、服装としては「コチラで5月に単車で走って寒くない程度」と考えてまかなった。…が、正味暑かった。特に車が温室状態になるアレがキツい。秋の帰省なら日が暮れると肌寒いからいいんだけど、春の帰省は服装を考えないとうまくないわなあ。

千歳に降りたつとF15が出迎えよろしく飛んでいた。おう、ごくろう。

押忍 快速旅団

我が店はおかげさまでこの夏で満16年。並行して本サイトも16年となるわけだけど、今日ふと古くからあるコンテンツ「リンク集」を見に行ってみた。
一つには休止・廃止となったサイトさんの整理っていう思惑もあって、数年前にも見て回ったんだけど今となってはもう9割近くが消滅。まあ…情報の在り方・繋がり方がまるで変わってしまっているわけだから残念っていう感傷もなく、リンク集の役割は終わったろうということで近日削除します。逆に言うとよく今まで残してたよなあ、と自嘲的な気分にならないでもなく。

写真は先の帰省時、投泊した駅前カプホ前に古くからある大衆食堂のメニューサンプル。もちろん絶賛営業中で「古色蒼然としながらもアクティブ」なのがロマンチック。

押忍 快速旅団

今週末からいよいよ大型連休。自分としてもお休みで帰省して旧友と一杯やったりでエネルギーを充填してきたところなので今年は定休返上で日曜営業。…といっても4/30、5/7ともに15時過ぎて客足が途絶える頃合で閉めるとは思いますのでこの点ご留意いただけたら幸いです。
おそらく今週末には日高沙流川C場もオープンだろうから、単車外泊の出初めといきたいところ。とはいえ今週末は用事が詰まっているから、自分としての予定は「5/7の夕方から軽トラにKikkerを積んで静内に桜を撮影に行こうか」っていうのがスタートになるかしらん。

写真はこれも先の帰省で見かけたTenga shop。駅前の目抜き通りにドーンと出店しているのが清々しいほどにダイナミック。外観がシュッとしてるからアパレルのセレクトショップかと思うたがな。

押忍 快速旅団

明日から連休、ってところで「店頭においでになるお客さんが増えたらいいなあ」という願いとともに店内を少し整理した。NSメスティンや鉄鍋を手に取って見やすい位置に変更するのに合わせて、無造作に置いてあったエンデュリスタンの防水サイドバッグを実際の使用状態にセットアップ。
片方にClue’s Innを400gライナーで、もう片方にはシェルタとマット。屋根~寝床を腰下にまとめているわけだから上積みにしたドライバッグに収納しているのは火器・調理具・照明だけとなり、随分腰上がスッキリした。
…と、「そんなにイイもんなら通販に載せればいいのに」って話なんですが、代理店さんからはウェブ通販には乗せないように、とのお達しにて店頭のみの販売です。現在庫はディスプレイに使っているのと同じ容量のM(17L)と一回り幅の広いL(24L)で持ってます。

押忍 快速旅団

自分で言うのもナニだけど、壊滅的なほどに自撮りがヘボいのをどうにかしたいと思っている。一つにはセッティングの手間を嫌って実践の機会が少ないからだろう、と “自撮り棒内蔵のケース/【アリオ】自撮り棒”というのを買ってみた。「嗚呼、憧れの自撮りマスターに…」てなもんや三度笠。
装着してみると厚みが約20mmとなってかなりゴツい。が、自分にとってのアイホン7+は“光学2倍ズームの一応防滴カメラ、通信もできるヨ”っていう捉え方なのでまあ一応ヨシとしよう。伸長426mmは腕をしっかり伸ばせばかなりの範囲を収めてくれる。プラスチック主体の造りは安っぽく、節度感がないのも気がかりだけど使い倒しモンと割り切る。
ノーファインダーにはなるけど俯瞰した撮影にも使えるし、バランスをうまく取れば簡易三脚にもなって結構面白いんでないかとは思っている。

押忍 快速旅団

この4月はなかなか体が空かず、雪解けの進行に合わせてフキノトウを採って回っていたのがおざなりだった。が、ようやく平日のうちにいい頃合のが出ている場所にメドをつけておいて今朝から採って回った。
「慌てて」ってわけでもないんだけど味噌炒めにして実家に送ってやるのが恒例となっているもので、いつもだったら10株ずつ採ってくるところ、今回は20株採取。アク取りとかで容器が足りるか心配だったけどフライパンを使ってどうにかクリア。まあ、どうにかなるもんだ。
採ってきてしまえば後は簡単。重曹を軽く振った水でアク抜き、湯洗いして刻んで炒める。カサが減ってきたところで砂糖を馴染ませ、酒で溶いた味噌をからめてアガり。好みはあるけど、フキノトウならではの苦味が残るようアク抜きも味付も浅くすることにしている。

押忍 快速旅団