Twitter認証

twitter認証とは、自分のtwitterアカウントを証明するための仕組みです。DI:DOでブログを書いている人が、特定のtwitterアカウントの人だけに見せたい限定公開記事を書いている場合、その記事を読むためにアカウント認証が必要となります。

認証情報はcookieに書き込みます。DI:DOでは第3者によるcookieの改変を防ぐため、通常はIPアドレスと紐付けた認証情報をCookieに保存しています(セキュリティ設定:中)。IPアドレスが頻繁に変わる環境では認証エラーが出る可能性がありますので、その場合は以下のメニューでセキュリティ設定「低」を選択し、簡易認証システムを利用するようにしてください。

以下のボタンを押すとtwitter認証を開始します。twitterのサイトで認証の許可の可否を尋ねられますので、内容を確認して問題がなければ「連携アプリを認証」ボタンを押してください。認証情報をcookieに書き込む際のセキュリティ設定を決定してください。

セキュリティ設定:中(通常はこちらをお選びください)低(IPが頻繁に切り替わる場合)

何度も認証を求められる場合

何度もログインを求められる場合は、以下の方法をお試しください。
1.お使いの環境のIPアドレスが自動的に頻繁に切り替わっている可能性があります。その場合はログインする際にセキュリティ設定を「低」にしてログインしてください。
2.Cookieファイルが壊れている可能性がありますので、Cookieファイルを削除してみてください。WindowsのInternet Explorerの場合はツールバーのツール(T)-インターネットオプション(O)-インターネット一時ファイルのCookieの削除(I)でCookieの削除を行うことができます。
3.ブラウザ及びセキュリティソフトがCookieを受け付ける設定になっているかどうかをお確かめください。
WindowsのInternet Explorerの場合はツールバーの表示(V)-プライバシーレポート(V)ウィンドウで、di-do.netからのCookieがブロックされていないかご確認ください。ブロックされている場合は同画面の項目を選び概要ボタンをクリックして、「常にこのサイトにCookieの使用を許可する」をチェックしてください。

認証を解除する

設定した認証を解除する場合は以下のボタンを押してください。認証用のcookie情報が削除されます。

認証を解除する