定休連休にて洞爺湖へ。写真は洞爺を目前とした道の駅虻田にてマリンビュー。往路は時間に余裕があったので下道で向かった。天気は曇りときどき晴れ、気温がイマイチ上がらなかったけど日が出るとありがたい。
R36で西進すべく、まずは苫小牧を目指すわけだけどR234が着荷受領で再々往復している道なのでひどくダレてしまった。“いつまで経っても苫小牧に着かない”感があるんよなあ。。。
低温注意報や霜への注意喚起が報じられていたものの、洞爺での最低気温は10℃と無難な一夜だった。が、今日は時間が経つほどに天気が崩れる、とも予想されていたので帰途は迷わず高速。「うまく脱出できたわい」と思ったのも束の間、伊達から登別にかけて小雨に当たる。雨は足早に寄ってくるものではある。C場のレポートに関しては追って。

押忍 快速旅団

洞爺での泊まりはグリーンステイ洞爺湖。Wi-Fiが使えるというのが主眼で訪れたが、穂別と同じく電波が届くのは管理棟周辺のみ。
道内高規格C場の草分けともいえるサイトの構成は主にオートキャンプ向け。二輪専用サイトも設けてくれていて乗り入れも不可能ではない。二輪サイトは少し湖畔に近づくので木立ちの向こうに湖面も見える。とはいえ、土地の起伏があるのでちょっと落ち着かない印象ではある。
今回訪ねたのが日曜で他のお客さんがいないこともあって運よくオートサイトに案内してくださった。管理棟直近の区画に設営させてもらってWi-Fiバリ2、晩酌のアテはパケットに気兼ねすることなく動画三昧。…ただ、繁忙期となるとオートサイトの使用を期待するわけにはいかないし、Wi-Fiについても電波の取り合いでサクサク楽しむのは期待薄かもしれんなあ。

押忍 快速旅団

撤収時間の短縮を目指している昨今、「室内の整理が時短につながるのでは?」という仮説を持っている。作業の動線が単純化されればスピードアップにつながるだろう、と。して、その取組みの一つとして洞爺湖泊では乗車ウェアを脱いだ後にまとめておけるように風呂敷を使ってみた。
まあ…脱ぎ捨て感がなくなったのはいいことだけど、それでも写真に撮ってみると「整理が行き届いてますー!」という風には見えないもんだなあ。現状、荷物置き場は4パートで配置してるんだけど、2パートくらいまでまとめられるとスッキリしそうではある。
ちなみに洞爺を出る際の撤収は起床~朝食~エンジン始動で約1.5h。そのうち、火器の片付けから積載までは約15分。室内の整理でさらにツメられるものかどうか、試行を重ねてみるとしよう。

押忍 快速旅団

ここ2月ばかり試していたゴザ、装備に加える前までは「それなりにカサのあるものになるから荷姿が肥大するのでは?」という懸念があったが、防水風呂敷100x100で使うにはむしろ装備品全体のカバーとなって積載コードによる圧力を軽減してくれるというありがたい誤算。
ひとたび広げれば正座してお茶を点てるもよし、座禅を組んで瞑想するもよし、はたまた寝そべって畳の感触に触れるもよし。イスのゆったり感とは無縁なものの、自由を感じさせてくれる居心地は“ばーちゃん家”の如し。

…結構チャレンジングな商品ということにはなるけど、耐久性も含めて使いモンになろうかという判断にて量産へ。名前は「旅ゴザ」。はるか西に住むあのコも♪ゴザに寝転ぶ貴方が好きだったの♪と歌ってくれることだろう。

押忍 快速旅団

セブレブの炭火焼きホルモンが最近のお気に入り。もともとホルモン好きなところ、色んな種類が詰め合わせになっているのがありがたい。好き嫌いはあると思うけど、歯ごたえがしっかりしているのもお気に入りの理由。
ダイエットの一般論として「しっかり噛むことで満腹感を得る」とはよく言われる話だけど、まあ…正味満腹感というよりも“食べ続けることにくたびれてくる”という方が正確なような気はしている。と、そんな事情もあって、過食を防ぎつつ晩酌の間モチもするっていうのがようそろー。
翻って、我等がセイコマにも5月には砂肝の唐揚げっていうこれまた歯ごたえのいい小分け惣菜があったんだけど6月になって見なくなってしまった。セイコマ惣菜なあ、、、続々と新作が出るのは楽しいんだけど定番化する前に消えてしまうこともよくあるのが惜しい。イワシの煮付けとか。

押忍 快速旅団

庵/I-oriと夢殿で薪ストーブを使う際、煙筒の長さは1.5mもあれば充分という手応え。一方、最近ではシェルタ・寝具以外の装備を旅ゴザの幅45cmにまとめてパッキングすることが多い。…という二つの要素を踏まえて、45cm幅に収められる入れ子式煙筒をこさえてみてもらった。
加えて、入れ子式煙筒を持ち出す際にはダンパー基部を始めとする立体部品を別梱包で持たなくてはいけないのが不便に思っていたので、下2段を10cmずつツメて同梱できるようにしてみた。これにより4段継で1.4m/5段継だと1.8mでSimpleでも使えるものになるだろう、という腹積もり。
従来のロング管2.0-2.5mモデルに比べるとテーパーが強くなるのでヌケの様子は改めてテスト要。して、問題がないようであれば下2段ツメの工夫も合わせ、ロング管/ショート管の品ぞろえとして準備していきたい。

押忍 快速旅団

洞爺からの帰途で雨に当たって以来、この火水木と雨が続いて往生した。雨だけならまだしも気温も上がらず、ストーブのお世話になりっぱなし。6月中旬を過ぎてこりゃないわー。
金曜からかろうじて雨はあがって、朝の歩きがままならなかった三日間分を取り戻すようにいつもより歩数・高度をかせぐように歩いたった。が、週の前半でナマってしまったところに運動量を増やしたものでひどくバテてしまった。悪いことには歩きで汗をかいたところ、その後の低温で体を冷やしてさらにバテてしまうという悪循環。
昨日から今日にかけても延々曇りで寒い週末となった。プロ野球交流戦では我等がカープのクソみたいな負けっぷりが続いてメンタルも相当凹んでいたが、かろうじて本日H軍に勝たせてもらって一息つくことができた…か?

押忍 快速旅団

まず、大阪北部地震にてご不便をこうむってらっしゃる方にはお見舞申し上げます。翻って自分にとってもそうそう他人事でもなく、震源の近くに親戚が住んでいるもので安否確認の電話をしないではいられなかった。聞けば「被害激甚という状況ではないが電話の発信規制がされている」と。
一安心して電話を切って「…必要であればどこかに電話してやるか聞けばよかったか」と思った。が、「地震発生時にやってはいけないこと」という記事では「不要不急の用がないなら、電話は絶対にやめる」と喚起されていた。そ、そうですか。…不要不急の境目って一体どのあたりなんだろう。
我が町では久々に日が出てやっと気温上昇。レースイを見やれば白い花がゲレンデを埋め尽くそうとしている。シロツメクサ? と思ったが、どうやらフランス菊と思われる。ところどころにルピナス。

押忍 快速旅団

簡易なテーブルとして、薪ストーブの台座として、はたまたガス暖房時の暖気滞留器としてへヴィユースに供しているのがワイド五徳。消耗といっていいのかどうか、軸のロウ付けが一箇所外れてしまったのでホムセンのロウ付けキットで修繕に挑戦してみた。
当初¥100ライターを使うバーナー(写真右)での作業は枠側が分厚くて熱しきれずに失敗。そこで炭の火オコしでよく使われるCB缶バーナーを使うと強力かつ広範に加熱できてスムーズだった。仕上がりは必ずしもキレイなものではないけど、使えりゃいーのいーの。

ところで、明日はAM札幌にて打ち合わせ、夕方17時過ぎから町内での用事にて不在となります。お越しの予定がある方はご注意ください。

押忍 快速旅団

昨夕帰宅後、サッカー日本戦まで時間があったのでスカパー録画の「生ドラマ 銀河鉄道999」を観た。実写っていうだけでも寒そうなのに、そこへもってきて生ドラマっていう野心作。無謀な色モンかと思いきや、舞台公演を控えての広報の意味合いだったようなので少し納得した。
造りとしても旧作を忠実になぞるというよりも舞台向けに脚色し直したものだった。まあ…「賛否」というより「否」の声の方が大きいかなあ。
気になるメーテル役は栗山千明さんが演じる情報を先に得ていて、正直ハナから期待していなかった。が、映像を見ると「思った以上にイケるやん」と相対的に評価は上昇。栗山さんといえばキッツイ印象が強いんだけど、ドラマ後のトークで緊張の解けた笑顔を見れたのも収穫だった。左手薬指の指輪だけはオッサンの幻想を打ち砕くには充分すぎるが。

押忍 快速旅団