海月玲二
2017-04-06(木)

無題

先日修理したつもりの時計が,またいつのまにか狂うようになっていた.どこが悪いのかさっぱりわからずお手上げなので,いいかげんあきらめて別の時計を用意することにした.

今回は,LEDをいっぱいつなげたパネルを買ってきて,Raspberry Pi zeroをつないで時計っぽく光らせてみた.いちおうちゃんと動いているようす.Pi zeroはntpで時刻を合わせているわけなので,そうそう狂うようなことはあるまい.思ったよりでかくて明るいので,見やすくてよい.

パネルを光らせる時計プログラムを書くのには,誰かが作った制御用ライブラリを使ってみた.ちゃんと動くし使いかたも簡単だし,古代人としてはC言語でも使えるのが助かる.

ところで,LEDというのはオンとオフしかないので,中途半端な明るさにして中間色を表現するのには,PWM(パルス幅変調)を使っているらしい.それはいいのだが,説明には「8色でよければRGB1ビットでいいので,PWMを1ビットに設定すれば負荷が軽くなるよ」とか書いてある(まことに尤もだと思う)のに,なぜか2ビットにしないとうまく光らなかった.表示させてる色はR0G0B255なので,1ビットでいいはずなんだけど.よくわからん.それでもCPU負荷は顕著に下がったからよしとするか.あとPWM周期らしきものを長くしてもCPU負荷が軽くなるようだが,なぜかプログラム中で設定してもうまく効いてない.なんでだ.

いちおうCPU負荷10%台まで下げられたので,とりあえずいいことにした.あとはなんかカバーかケース的なものをつけてやらんと,猫が触って壊したりしそうだな.



2017-03-28(火)

無題

最近Android用アプリでTermuxというのを知った.これなかなかヤバいな.

まず,ターミナルエミュレータだけではなく,簡易的なコマンドライン環境も一緒についてくるというのがすばらしい.以前こういうのを探していてkboxというのを試してみていたけど,あれはターミナルエミュレータアプリの領域に手動でインストールしないといけなかったし,使えるソフトも限られていた.これは最初からbusyboxやパッケージシステムはインストールされてて,さらに,debianよろしくapt updateだのapt installだのやれば簡単にいろいろ入れることができる.

ちょっとしたユーティリティだけじゃなくて,gccだのzshだのrubyだのnodejsだのnginxだのmpvだの,けっこうでかいものも入れられるようだ.Android用の簡略版とかじゃなくて,ごく普通のソフトがそのまま動くというのもよい.busyboxが不十分だったら普通のcoreutilsとかtarとか入れてもいいのだ.とりあえずOpenSSHとrsyncを入れてみたところ,普通にファイルのバックアップとかできてしまった.

あとAndroid用の端末エミュレータアプリとしても,かなりよくできていると思う.音量キーでCtrlのかわりになるとかカーソルキーを発行できるとか,使用中のソフトキーボードの上にCtrlキーや/キーやTABキーが並んだ一列を追加できるとか,タッチ端末でも使えるような工夫がいろいろある.特に後者にはかなり感心した.SKKのへっぽこASCIIモードでも十分端末が使える.

2017-03-27(月)

無題

tumblrのもともとのlightbox機能はどうも使い方がよくわからない.というかしっかり説明されてない.前に入れるときにも随分手間取ったし,ちょっとキャプションを入れたいとか思っても,あちこち調べたあげく解決しなかったりした.

公開されてるテーマでlightbox機能を入れてるのをいくつか見てみると,なんだかよそのlightboxライブラリというかjQueryプラグインというかそういうものを入れて,自前でなんとかしている人が多いようである.しかしこれはこれで面倒な点があるのだ.

tumblrでは,テーマで使うファイルは,テーマ本体のhtml以外にも一応使うことができる.つまりcssだのjsだのjpgだののファイルを,tumblrのサーバーに入れて,テーマのhtmlから使うことができなくはない.しかしこの機能は妙に制限が厳しいらしくて,

  • テーマで使ってない無関係のファイルを入れてるとアカウント停止措置
  • 一旦入れたファイルを消すことができない

という話らしい.まあ,無関係のファイルを入れるなというのは,サーバー負荷的に問題があるだろうから理解できる.見つかると即刻アカウント停止という厳しい措置なのも,まあ百歩ゆずってわからなくはない.しかし,一旦入れたら消せないというのはいくらなんでも無茶ではなかろうか.単純に間違うこともあるし,試行錯誤して仕様が変わることだってあるじゃん.そもそも「消せない」というのはtumblr運営側にとって何のメリットがあるんだろうか?

俺はヘタレなので,あんまりこんな危険のある手段は使いたくない.しょうがないので,http経由で使っていいやつがどこかに置いてあるファイル(jQuery本体とか)を使うか,JavaScriptやCSSなどは直接本体のhtmlファイル中に書いてしまうことにしている.微妙にめんどうくさいので,なんとかならないものかなあ.

メジャーバージョンが上がっているのは,内部的に大幅に書き変わっているためと,Android 2.2以下を切り捨てたからである.ついにIS01では全く使えなくなった.いやIS01なら1.6を使ったほうがいいと思うけど.

今回は,恐怖の巨大クラスSKKEngine.javaがついに整理されたという面が大きい.SKK関係とAndroid関係がだいたい分割されたので,jp.deadend.noname.skk.engineパッケージはjavaで書いたSKKライブラリと言えなくもないかもしれない.言いすぎか.

使う人にとっては,

  • Abbrevモード用ソフトキーボード追加(フリックモードで,シフトを押してからabbrキー)
  • 数字入力用ソフトキーボード追加(フリックモードで,カナキーを上フリック)
  • 複数辞書(設定画面の「辞書管理」で新しい辞書を読みこむ.UTF8に変換しておくこと)
  • ハードウェアキーボードでも,読み入力中の補完候補一覧をtabキーとピリオドキーで選択できる

あたりの機能は,それなりに使う人もいるかも.あとはそうだな,登録中にASCII文字も打てるようにしたり,変換候補にセミコロンやスラッシュが入ってても大丈夫にしたので,顔文字とか登録できるようになった.

大規模に変更したので,もしかしたら変な強制終了とか起きるかもしれない.その場合は/sdcard以下にstraceファイルができると思うので,内容を教えてもらえると助かります.あと,ユーザー辞書が重要な人は,バージョンアップする前に一回バックアップしておいたほうが安全かも.

あと今回は内部を大幅に変更したので,万一,ソースのどのへんをどう変えたのか知りたいという人がいたら,連絡してもらえればgitのbundleファイルを送ります.

【このトピックへのコメント】
  • まはるす、すごい!キーの配置とかもセンスいいですね!ありがとうございます!android7.1.1で無事動いています。(2017-03-24 11:47:13)
2017-03-12(日)

無題

今回も機内映画のコーナー.

  • Shin Godzilla: あー,これは,ちょっとでもオタク的センスを持ちあわせていれば楽しめると思う.つまり,日本人の多くは楽しめると思う.芝居ががった台詞っていいよねえ.東京破壊映像もなかなかで,列車爆弾とかロマンあるし.あと,幼生ゴジラがなんか悲しげなデザインでよかった.
  • KEANU: かわいい猫映画かと思ったら全然違ったよ! 基本的には「いつ大嘘がバレるかどきどきする」系の映画だったけど,簡単に人とか死ぬし,登場人物は頭がアレな人ばっかりだし,元凶はゾンビみたいでよくわかんないし,かなりふざけた映画だった.いや,猫はかわいいんだけど.あとスラングが多すぎて台詞の聞き取りが超難しい.英語の字幕付けたけどそれでも大苦戦.
  • Suicide Squad: やっぱひとつはこういう気楽な映画見ないとね.破壊映像はなかなか派手でよかったので,もっと徹底的にやったらいいと思った.この映画,デッドショットが主人公ということでいいんだろうか.悪党のくせに善人すぎねえかこいつ.あと,ハーレイとブーメランの特殊能力は結局何だったんだ?

ていうか香港乗り換えは時間が短くてせわしない.ひとつ見るのがやっとだな.

2017-03-12(日)

無題

ベトナムはコーヒーの産地なので,あちこちで安く飲めるし味もうまい.かなり濃く出してコンデンスミルクを入れて飲むのが一般的のようである.最初からよく混ぜて,細長いコップに入れて出してくるのはサイゴン風らしい.中部では,少量のコーヒーとミルクと氷が別々に出てきて,飲むときに混ぜるスタイルだ.

実際このコーヒーにコンデンスミルクを入れて飲むという方法は,東南アジアではわりと一般的なのだろうか.マレーシアでもわりとよく出てきたような覚えがある.ちょっと調べてみたら,もともと牛乳が常温保存できなかったからコンデンスミルクを使うようになったとかいう話のようだな.かなり苦いコーヒーに甘味をたくさん足して飲むという,エスプレッソめいた飲みかたになったのは,結果的なものなのかもしれない.

ところで,ベトナムにはあちこちに喫茶店があり,コーヒーを飲んで休んでる奴とかみんなでカードに興じてる奴とかがよくいるわけだが,客がだいたい男性なのはなにか理由があるんだろうか.そして店員は女性のほうが多い気がする.気のせいかね.

あとラオスのコーヒーをあまり試せなかったのはちょっと惜しかったな.ベトナムとくらべて喫茶店が少ないんだもん.


2017-03-12(日)

ダナン

現代,かつてホイアンが担っていた貿易港の役割を引き受けてるのはこの町だ.観光客にとっては,ホイアンとかミーソン遺跡とか行くための空港がある町である.実際,空港にはかなりの外国人観光客がいるにもかかわらず,市内ではほとんど目にしない.空港では国際線出発より国内線出発のほうが圧倒的に混雑してるのだ(観光客は普通ホーチミンシティやハノイから入出国するからね).

さらに,市内ではあんまり観光客を目にしないのに,ホテルだとかスーパーだとかには妙に観光客がいたりする.ひとつだけ,先進国基準でもショッピングモールと呼べるレベルの施設があって,ここのスーパーでは日本人観光客などもよくお土産を買っているのを見た.俺が宿泊したホテルも日本人がやたらたくさん泊まっていて,朝食時など係の人がテレビをNHKに変えたレベルである.

でかい町なので,わりかた滞在はしやすい.観光客がそんなにいないので,食事やコーヒーなんかで無茶な値段を言ってこられることも少ないし.うまい食べものはここでもいろいろと食べれるので,観光客的にも,ひと休みしても悪くはないと思う.バインセオ(お好み焼き的なもの)やミークアン(きしめん的なもの)等の名物料理の有名店なんかもいろいろある.

夕食に,バインセオの有名店に行ってみたところ,「お好み焼き状のものをさらにライスペーパーで巻いて食べる」という発想にちょっとびっくりした.「バインセオ」で検索するとレタスに巻いて食べるスタイルがよく出てくるのだが,ライスペーパー式はこのあたりの流儀なんだろうか.いずれにせよ,味はうまかった.ゴマダレがたいへんよく合っている.細い路地の行き止まりにあって,調べてからじゃないととても行けない感じなのも,英語がほぼ通じないのも,「地元の名店に行った俺」感を演出できてよい.実際にはそれなりに観光客も来てるようだけど.