海月玲二
2018-07-31(火)

無題

むかしは,Raspberry piで何かしようと思ったら,適当にコマンドを組みあわせたりスクリプトを書いたりする必要が少なからずあったものである.しかし時代は変わり,今ではいろいろな用途に応じた専用ディストリビューションの類があれこれと公開されているし,それをダウンロードしてきてインストールするメニューみたいのまで整備されている.まことに便利になったものだ.たかだか数年のことなのに.

3年ぐらい前に監視カメラを作ってみたとき,なんかmotionとかいうソフトをコマンドラインから動かしたり,Raspberry piのカメラインターフェースに対応したパッチを適用してみたり,いろいろやってみた記憶がある.しかしながら,(3b+を買って古い2が余ったので)今もう一度作ってみようかと思って調べてみたところ,motionEyeOSとかいう,もうなんか「インストールするだけでwebインターフェースで操作可能な監視カメラができちゃう」的なものが公開されていた.バックエンドは同じくmotionを使ってるので,まあ同じといえば同じなのだが,今のほうが超絶に楽である.

なんというか,機械を「ただ使うだけ」であるなら,ユーザー層が厚いところを選ぶに越したことはない,ということだ.

2018-07-16(月)

無題

しばらく前から,あちこちの大学でICカード型学生証を使った出席管理システムというものが使われるようになった.なんか端末に学生証をかざすと出席がつくというアレだ.出勤を管理したりするやつと同じだと思う.

ただ,大学の場合は,「授業の最初と最後の両方でチェックできるようにする」という機能が必要なのではなかろうか.つまり,「遅刻せずにちゃんと来た」ということとあわせて「途中で勝手に帰らずに最後までいた」ということもチェックしないと,大学の出席管理としては不十分な気がする(そもそも出席をわざわざチェックすべきなのか,というのは別の問題だ.「チェックしたいんなら,両方要る」という話).

学生というものは,可能なら帰ろうとする傾向にあるからな.仕事してる人達とは違うんだ.じっさい,以前からこの「出席チェッカーにカードを認識させて,すぐ教室を抜け出す」という行動を表す学生用語が存在するようである.

2018-07-12(木)

無題

前期も終盤なので,某授業ではこれまでのまとめとしてちょっと複雑な課題を出したりしている.

でも所詮学校の半期でやれることなんか限られてるので,プログラミングが必要なのに配列もやってないみたいな状態である.そこで学生がやってることを見てると,なんというか「小学校で習ってない知識を使うと怒られるので,方程式を使わずに鶴亀算を解いている」みたいな味わいがあってちょっと面白い.

というか仮にも大学の教員たるもの,習ってない知識を自分で調べて使ってきたら多少ボーナス点ぐらいあげてもいいと思う人がほとんどだと思う.俺もそうだし,この授業を担当してるほかの先生もだいたいそうだろう.でも,大学生になるころには子供達はちゃんと調教され済みで,そんなことはしないのであった.

2018-07-03(火)

無題

知らなかったけど,Gemini PDAでSKK for Androidを使ってる人が多少いるらしい.

SKK for Androidには「Gemini PDA向けにforkした版」というのが存在するので,そっちも試してみるといいんじゃないかと思う.キーボードレイアウトとか調整されてるらしい.

ところで,「使う前に,明示的に設定画面に行き,辞書の解凍をしないといけない」というのはどうもわかりにくいらしく,インストール時にちょっと詰まった人がいたようだ.アレは単なる俺の手抜きなので,誠に申しわけない.わざわざ設定画面を呼び出せるようにするとか,自動でどうにかするとか作るのがめんどうだったのだ.どうせ一回しかやんないし.

あとアウトライナー使うって人は,KLOAをGemini PDAで使うとどんなかんじなのか聞かせてくれると嬉しく思います.

2018-06-18(月)

無題

地震で電車が動かないので駅で待っていたときに,どうもあたりの光景に既視感があった.しばらく考え,遅延があったときの空港の雰囲気に似ていることに思いいたる.パニックを起こした群集とかそういうんじゃなくて,みんな「やれやれまだかよ早く再開しねえかな」みたいな感じで仕方なく待ってるだけなのだ.日本人は本当に地震対応だけは手馴れている.

まあ俺個人としては,木曜じゃなくて本当によかった.JRで行くしかない滋賀県に出勤する日に今日のレベルの地震が起きたら,日付が変わる前に帰れたか怪しいな.

使ってて不便だった部分をちょこちょこ機能追加した.

まず,「長くなってくるとスクロールがめんどい」問題のため,ListViewとかにもあるFastScrollerを追加してみた.

というか,俺は長い間この機能はTextViewにもあるものだとばかり思っていて,いろいろ調べたり試したりしてもうまくいかず困っていたのだが,実際にはこれはListViewにしかない機能だったんだな.Jota Text Editorにはついていたので,TextViewの機能だと思いこんでいたのだ.Jotaでは,ListView用のものを元にして自前で実装していたことに,ようやく気付いた次第である.

しょうがないので,Jotaの実装を簡略化してKotlinで書いて,やっつけで実装してみた.やっつけのわりにはそれらしく動いている.

それから,「一旦レベルを深くしてから戻すとき,しばらく前のやつと同じレベルに戻したいことがよくあるのに,何回Shift+Tabすればいいのかぱっとわからない」問題に対応するため,レベル数を表す縦線を入れてみた.これはVisual Studio Codeにあった,インデントレベルを表示する拡張機能のパクりである.あんなにカラフルじゃないけど.

あと,やっとフォントサイズ変更ダイアログをつけてみて,ついでに,インデント量や行頭ドットの大きさなんかも合わせて変わるようにしてみた.だいぶ見栄えがよくなってきた.

正直,日本ではアウトライナーというと2ペイン型が人気のようなので,KLOAは俺以外誰も使ってないんじゃないだろうか.TreeNoteのほうが好きな人は,自由に勝手版などを作って楽しむといいと思う.俺のクソコードを読むぐらいならイチから書いたほうがいいかもしれんが.

▽モード(漢字の読みを入力中)にバックスペースで文字を消していって,最後の一文字を消してしまうと▽モードを抜けてしまうようになっていたのを,▽が残るように修正してみた.「SKK日本語FEPではこうなってるので,AndroidSKKでも合わせたらどうか」という意見をもらったので試してみた次第.よく考えたらuim-skkとかもこういう動作だな.確かにシフトキーを押しなおすのは若干めんどうな気もする(emacsではどうだったかもう覚えてない).

ついでに再変換のときに表示が変だったり,Abbrevモードの再変換したときの動作が変だったり,フリック感度の調整が若干変だったりしたのをちょこちょこ直した.まあどうせ再変換とかAbbrevモードとか誰も使ってないかな.

さらに言えば,AndroidのKotlin style guideとか出てきたので,それに合わせて改行とか直してみたけど,これは本当にどうでもいい.

【このトピックへのコメント】
  • まはる早速要望をかなえていただきありがとうございます!(2018-06-07 14:22:54)