春分を過ぎて4月もすぐそこ、ってところなのに名残雪。今夜も雪になるそうな。それでも春になったら一発目の遠出は軽トラにKikker積んでお出かけよ、と期待は膨らむ。言うなれば“一番星作戦”。何かと無理が効くのがポイント高いんだけど、一点だけ不満はある。
まあ…構造・用途上仕方ない点と言えなくもないが、とにかくシートがオソマツだから2時間も走りっぱなしにしてると尻と脚の付け根の横スジあたりがヒリヒリ痛くなるのが耐えられない。そこでダブルシートクッションVIPなるシートカバーを手配した。「VIP」の刺繍がなんともアンチャン風で気恥ずかしいが、これで長距離ラクになるのならモウケモン。

…ときに、WBC敗戦はラジオで聞いた。が、TV観戦できないからには大して悔しくないものなのね。もう少し見やすい日程だとありがたいがなあ。

押忍 快速旅団

ヤイヤイやってるCrew’s Inn。入荷の予定は4月上旬という見込ではあるんだけど、先般取材をいただいたストリートバイカーズさんの発売が3/23予定ということで訴求リニューアルを急がなくてはいけない。
まずは動画で説明するのがいいのでは、と突貫作成。見返してみると「照明をちゃんとすべきよなあ…」という気はしないでもない。が、巧遅より拙速にしかず、と。動画にしたことで「寝袋単体としてでなく、システムとして構成されているメリット」が伝わりやすくなっていればいいけど、どんなもんでしょう。

原初モデル「夕張」、次いで「AI-101/AI-102」とモデファイを繰り返してきたっていう点からして、かなり昔から扱っているスタイル。それ故に写真と文章の説明がコタコタとなっていく弊害を改めて感じた。

押忍 快速旅団

永らくお待たせしておりましたガレージ・パーティ、新色ダークオリーブにて再入荷しております。安定在庫というにはまだ不安はあるんだけど、生地自体は安定した供給を受けられる筈なので随時在庫を補強してまいります。
…新生地を選ぶときって無難な淡い色味になっていきがちなところ、“色味は面積が広いほど薄く見えるようになっていく”という法則を頼りに思い切った濃色にしてみた。J隊さんの緑がかったオリーブというよりも、やや茶が強いUS風と言っていいだろうか。光線次第で写真の色味が変わるのが泣き所ではあるものの、渋く仕上がったことには満足。
続いてSimpleは3月終わりころに入ってこようかという算段。それに合わせて庵/I-oriの撮影サンプルもアガってくる見込で、自分としてはオリーブ庵をとても楽しみにしている。

押忍 快速旅団

トンボの修繕部品が届いて今日は山中へ単独出走。試走という思惑に加えて、来週の泊りの候補地を偵察という目的で一回りしてきた。
ユターッと流すことが前提だったのでまかないもユルめに先般手配したヒサシ付のジェッペルを使った。写真を撮るのにカッコはついているが、結構目深なものでゴーグルの視界が狭くなるのは想定外だった。夏場のロードだと日差しを遮るのに良さそうだけど雪上やダートではやっぱりオフ用ヘルメットの方が使いやすい、ってことよなあ。
一応の目的を果たして帰途はよせばいいのにいつもと違う降り方をしてみた。…が、“勝手知ったる土地”の筈が方向を見失って沢にハマりそうになったりで結構ヤバかった。ホウホウの体で脱出した後の下りでは「いつまでたってもダメな私ね~♪」の歌がリフレインした。

押忍 快速旅団

去年の5月に撮影しておきながらほったらかしだったPig stoveの動画を編集アップ。シーズンはもはや春に向かっている最中だけど、「最小限の構成で最大限の効率」っていう点をあらためてアピール出来たら、と思うております。早回し1分版っていうのも作ってみました。
と同時に、これまでオガライトパネルとバネ鋼 底板を別売りオプション扱いとしていたのを“筐体セット”としてパッケージ化。既存ユーザーさんのサプライ需要を見込んで販売方法としては複雑な形となっていたところ、大体行き渡っただろうと判断してガッチャンコ販売です。
元来の筐体はTi製、オガライトパネルとバネ鋼 底板はバネ鋼ということでハイブリッド状態なわけですが、次に量産するとしたら全体をバネ鋼にするつもりなので重量優先とする場合には現品限りとなります点ご了承ください。

押忍 快速旅団

Crew’s Inn、マット装着方法をポケット式に変更したのは昨日触れた通りで、その方法は中折れ式。シェルタ内で作業しやすいように、という考えによるものだけど、これによりショートマットの装着もしやすいものとなっている。写真はXwaveを仕込んでみたところ。
一般的にはマットイン寝袋って上掛けにだけ中綿を入れていることが多いわけだけど、AI-102開発の時点で「こんなこともあろうかと」とばかりに、我がライナーは腿裏までフットボックスがある。…例えて言えば「人魚をイメージしてもらうとして、下半身のウロコが胸~首まで続いていて素肌なのは尻~背中をまわって顔・ノドまで」っていう、エロくない人魚状態。
したがって、冬日を脱して最低気温で+5℃くらいの頃ともなればショートマットに200gライナーっていう使い方が見込める、と期待は膨らむ。

押忍 快速旅団

量産をかけたCrew’s Innは4月上旬入荷の見込。AI-102からの改良点としてアッパーの防水化に加えてマット装着方法をベルト式からポケット式への変更したこともあるんだけど、これにより定形長方形マット以外のマットも仕込めるようになる。と、巷で評判のいいKlymitさんのStatic vも仕込めるものかと試してみたところ幅広のメリットで腕がこぼれにくいのがようそろー。
ついでに開発中のチェアキットでも試してみた。「さすがにパツパツでキツいか?」と危惧したものの、実際やってみると両サイド成型が凹状にせりあがってバケット感がたまらなくいい。「オウフ、こりゃ素晴らしい」とばかりに断熱材入りのモデルも加えて手配を進めることとした。
断熱材入りのR4.4は-5℃あたりの見当か。3月末の連休で山中泊の予定なのでそれに間に合えばタイムリーに様子が見れるので楽しみではある。

押忍 快速旅団