ゆうゆ

 実は年末から、仕事も絶好調の急がしさと
これまたこの仕事について最大の面倒くささと
そういう渦巻きに巻き込まれております。

 その中で、家族の事とかも色々とあると、
当然ながら気配りが落ちてくるのが、ファン同士で
繋がった方々の事なのです。申し訳ない。
どうしても、伝えたい事があったのに、
黙っていなくなってしまっちゃった。
それ以上の連絡をとろうと思えば、出来るけど
手近なツールがなくなると気軽にって事には
ならないし、コレが答えなのかもしれないし。
もともと気が重い事案。

 いえば、どうしてあなたがそういう過剰と
思える反応をしたのか?
ワタクシは、いい関係を作れていると思っていたよ。
少なくとも、ワタクシから離れようとは思わなかった。
ただ、隠さなくて良い事を隠そうとした事が不信に
繋がった。
ハッキリと言えば良いじゃん。
さて、こういうのワタクシで何人目?
ワタクシには、ファン同士での付き合いをずっとしている、
もう20年以上になる人も何人もいて・・・
今だって、素敵な繋がりは継続している。
そういう繋がりは、ちゃんと作れていると思っていたよ。
独りよがりだったって事ね。
渋谷のカフェへ連れて行きたいって言えば良かったのかな?
自分で言った事も忘れていたのかな?

 そうして、一つお願いがある。
出来れば、身の回りを綺麗にして貰って下さい。
今のあなたは、本来のあなたの判断力を持っていません。
きっと、苦しいと思います。
それはあなたのせいじゃないから。
それが元に戻った時に分かって貰えると思います。
過ごした時間は、本当に楽しかった。
ありがとう。
読んでくれる事もないかもしれないけど。
気持ちの区切りで書いてます。

 きっと、ワタクシはあなたの事が嫌いになれない。

 去る者は追わず、来る者は拒まず  そういうワタクシです。

 幕の内も過ぎましたが、遅ればせながら
あけましておめでとうございます。
今年も緩く柔く強かに、書き連ねたいと思います。
よろしくお願いします。

 年の初めは、元旦未明の初詣。
今年は、「小吉」さん。
毎年少しずつ後退してるような時の運。
心を引き締めて進みます。
昨年は、何かと不思議な事が多く起こり、
どれも最小限度で済んでいるので、その運は
今年も続くと良いなと思います。
みんな何かに守られて生きてるのだと
思いました。
けれど、小吉さんは良き言葉をくれました。
「笑う門には幸い来る、ねてもさめてもにこにこと」
福笑いを心に!!!

 今年は我が家は家族が増えて、忙しくなると
思いますが、一つ一つしっかりとやっていきたいと
思ってます。
今年も忙しいわぁ~と覚悟してますわ。

 
 年明けのツアーは2月から参加。
日帰りライブ、楽しみまくりますっ!!!!
ツアーの成熟を感じたい。楽しみにしてますっ。

 今年の優くんの活動は、ひと通りの落ち着きを
みせていたと思います。
「来し方行く末」ツアーが4月まで続き、冬の移動、
冬のライブに慣れてきました。
今年は、そうと遠くへは行けなかったけど、スペシャルな
1年になりました。

  (ライブ参加・・・6本)

 1月   CDTV年明けの初生放送
     「来し方行く末」福岡・鹿児島 ミラクルな経験
 2月  「来し方行く末」熊本・大分 夢に見た地元開催
      おーぽん(6歳)ライブ初参戦(熊本)
 4月  「来し方行く末」アリーナ編 大阪城ホール
     「ロードムービー」発売
 5月   ACMF発表・由利本荘市
 6月  「胡坐」東日本編
 7月   映画出演の情報公開
     「虹」発売・リアラジ公録
 8月   ゆべしスライブ/現場プロデューサー
 9月   ACMF  風とロック芋煮会
      ツアー予定発表
10月  「胡坐」西日本編
11月  「ルポルタージュ」発売
12月   ツアー「ROAD MOVIE」スタート
      千葉・松戸参加。

 シングル3枚でのツアー。
「胡坐」を2回に分けたので、今年はツアーなしかと
思いましたが、アルバム制作の形をとらないとツアー
に出れるのね。
良い感じの活動!!!
フェスにもちょっと出てくれているけど、数が少ない気が
します。
そうして、ラジオ局のサテライト的な出演がなくなって
しまったのが残念。
特に、九州にはそんなに来てくれなかったような・・・
が、ここ2年ほどの環境の変化をやっと優くんが分かってくれた
その事の方が大事だと今は思います。
残念だけど、安心しています。
どうしようもない事もあるけれど、自分で防げる事も多いので
今の気持ちをままで居て欲しいと思います。

 ワタクシは、優くんが歌っていてくれるだけで
良いのです。
たくさんの人たちに歌声が届けば良いのです。
そのために、優くんが元気でいてくれたら、それで
良いのです。
時々感じるもどかしい思いもライブへ行けば、
一瞬で吹き飛ぶもんねーー(笑)
偶然にも、同じ優という名の息子も出来たのも、
何かしらのご縁なのかもしれませんね。
来年も、また歌を聞きに行くよ。
そのためにも、元気でいなくちゃあね!!!

 今年も読んで下さってありがとうございました。
年明けすぐの「CDTV」で、今年も初優を見たいと
思います。

 来年もよろしくお願いします。
来年こそ、きっといい年になる。いい年にする。

   2017年12月31日
               ゆうゆ

 この一年は波乱万丈。
というか、何もない平穏な日々を過ごす事が
幸せと思っているワタクシですが、そうも
いかない事ばかり。
前半は、異動があり職場環境が激変をしました。
仕事内容は変わらないけど、地域が変わるって
大変に状況が変わる事を学びました。
けれども、仕事はしやすくなったし、自分の
スキルアップとなりました。

 夏以降は急激な変化が。
嬉しい事もヒヤッとした事もありました。
嬉しかったのは、娘2が結婚する事になり、その
お相手が「優」くん!!!!
しかも、ワタクシと誕生日が同じという偶然。
そういう子がうちの子になってくれた必然。
世の中、不思議だなぁ~と思う事ばかり!!
けれど、8月末には2人して大阪へ異動で行って
しまうという激動。

 今年は、車に関するトラブルが多くて・・・
7月に動かなくなったコンパーチブル。
その代わりに急遽の購入になった赤いイタ車。
買って2週間ほどで不注意の物損事故。
けれども、車だけで済んだのが奇跡のような事故で、
怪我がなかった事が奇跡でした。
しかし、ローンを1回も払わないうちの修理代(号泣)
いたい・・・
そうして、つい最近、ワタクシも公用車でやらかしました。
12月26日、いつものように法人の建物前の駐車場で
ブレーキの踏み間違えた。
あら~~~
という間に、10cmほどのコンクリートの枠を乗り越え
左の車輪が落ちて植え込みに車体がついて止まったの
ですが。。。
その駐車場は、2mほどの石垣の上にありまして・・・
もう少しスピードが出ていれば、下の私道に車ごと落ちる
可能性もあったのです。
いや、実際に車も人も落ちた事もあったのです。
そういう危険な場所なのです。
しかし、身体にはまったく支障なく、車も前のバンパーを
少しこすっただけでした。
運転も長くしているけど、足がアクセルに吸い付いたみたい
に、動かなかった。
そういう事は今までなかったので、不注意以外の何かを
感じてしまいました。
けど、年末も元気!!!ですっ。

 そうして、娘2が戻ってきてます。
少し早めの里帰り出産のために・・・

 来年は、またにぎやかな日々になりそう!!!
まだまだ、頑張らないといけない事ばかりがたくさん!!!
息抜く暇はなさそうです。
けれど、何事もない平穏な日々を積み重ねたいなぁ~

 

 お誕生日おめでとうございます、優くん!!

 産まれたのは夕方だそうですけど、ちょっと早めに
お祝いの言葉を・・・・

 優くん、この1年もよく頑張ったと本当に思います。
心も身体も元気じゃなきゃあ、出来ない事がたくさん
だったのだと思ってます。
楽曲制作はもちろんの事だけど、主催のフェスの開催や
演技とか、演技とか・・・・
その中で、タイアップの3枚のシングル。
どの楽曲もそれぞれのテーマ以上の輝きを持ち、聞く
者の心を揺さぶる物でした。
ソングライティング力の安定とそれを一番良い形で
楽曲に仕上げる安定感を感じました。

 優くん、色々な事があるね。
けれど、その内容がどのように変化をしても、今を
大切にしてね。
ホントに、今生きる事が大切で尊いと思います。
て、「ロードムービー」の歌詞でしたね。
気がつかずに、自然に選んだ言葉でしたよ。
そういうのって、楽曲に寄り添って貰ったって
そう思いました。

 この1年も身体を大切にして、心を強くして
素敵な年にして下さい。
そうして、歌を歌いに来て下さいね。
何時もいつまでも待っています。

4月の大阪城ホールから、約8ヶ月ぶり。
その間、メディア以外で歌声も喋り声も聞く事が出来ない日々。
会えない時間が8ヶ月。
長かったんだけど、ある時から何にもなく思える
時間でもあった。
そのくらい久しぶりの優くんの歌声。
それを聞きに、千葉県松戸市まで行ってきた。

 完璧ネタバレですので、了承の上でお読み下さい。

  平成29年12月14日(木)晴れ 松戸・森のホール21

ツアー2本目の千葉でのライブ。
森のホール21 大ホール。室内で待つ事も可能な
とても居心地の良きホールだった。
なんとかグッズ販売に間に合って、開場前のザワザワ感
を感じながら、徐々にテンションが上がっていく。

 

この日のお席は19列目のほぼ真ん中。
後ろにはPT機材を背負うお席で、急にテンションがMAX!!!
今回は、関東のKさんと一緒のお席。
ワタクシ的初日に、正面でPT前のお席なんて、本当に嬉しい。
開場は、コ型でステージ左右にもお席があり、下から見ると
4階席まであるように見えた。
そのくらい天井が高い。
良いホールだけど、音が上に抜けてしまうんじゃ・・・と
少し不安。

開場すると、SEがなんだか耳慣れた音楽に気がつく。
そうです、ハリウッド超大作や人気シリーズの映画音楽が
流れていました。8~90年代が多かったかな。
優くん、シリーズ物って嫌いって言ってたのにね。
見るようになったのかな?
きっと、サウンドトラックのチョイスは、優くんですね。
でもね。
5分ほど遅れて、注意事項のアナウンス。この音楽に乗り、
どうやって手拍子を始めたら良いのか・・・??
試されている、ファンは試されている。
Kさんと、登場前の手拍子どうしようと話していたら、
ひときわ大きく先導する様な手拍子が始まり、全員が
それにのっかる様に会場が徐々に一つになっていきます。
あ、音楽には合わせるのはムリですっ。

 ステージの横幅が広いのか、両脇もすっきり空いていて
スピーカーの大きさもさほど感じませんでした。
ステージ上には、ボンネットバス。
大きく窓が開いています。
オーケストラに合わせて、手拍子を続けていたら・・・
急に客電が落ちました。

 

 ステージには、誰もいない車内に、徐々に
優くんやバンメンさんのシルエットが浮かび上がる。
総立ちで手拍子をしていると、1人づつバスから
降りてくる。登場の演出が素敵!!
小島さんが最初で、最後が池窪さん。
シルエットは、可愛いイラストで衣装も実際と同じ物!!
最後に、ちょっと間があって、優くん登場!!!!
白いシャツに黒のスキニーをブーツイン。
え?ブーツこんなに長かったっけな??
今回もシンプルな衣装ですが、ステージ栄えします。
あぁ、そこに優くんがいる。

イントロは意外でビックリ!!!
1曲目は「終焉のディープキス」
懐かしいわぁ!!!!嬉しいわぁ!!!
あら、ちゃんと歌詞が自然と出てくるわ。
間髪おかずに「象」
これも意外。外さなかったのね。優くんの声の調子も良い。
3曲目は「現実という怪物と戦う者たち」
唸ります。この3曲のバランス。古いファンに敬意を
払いつつ、新しいファンの方も引き込まれたに違いない。

 MC (話の内容が前後していたりしてます)

千葉ーー 会いたかったよ、千葉ーーー
森のホール21に平日にも関わらず、大勢の方においで
頂きありがとうございます。
自分的には37公演、一番長いツアーの2公演目を千葉で
行える事が嬉しいとの話。
優くん、ここでギターの弦で指を切った事を話し、白シャツ
の右胸に血が飛び散っていると。
これは、初めからこういう模様って、言い切っちゃう優。

千葉でのワンマンが3回目って、柏のライブハウスは数人
しかいなくて、対バン相手のファンで悔しかった。
そのライブハウスも名前が変わった、もしくはなくなった
様な事を言ってました。
そうして、八千代でのワンマンライブと今回と話す。
八千代!!懐かしい、行ってましたよ、ワタクシ。
その当時、ショッピングセンターで歌った話をしてました。
ツアー名が「ROAD MOVIE」なので、千葉の映画を
見ようと調べてみた。
そうすると、たくさんあって驚いた。
昨年ヒットした「シン・ゴジラ」もそうで、見ようかと
思ったが、ゴジラ映画をこよなく愛する高橋としては、
それは違うと・・・
で、見たのが「木更津キャッツアイ~ワールドシリーズ」
ドラマの時から大好きだったと話す。
そして、札幌時代の映画館のマネジャーをしていた話へ。
映画が大ヒットして、舞台挨拶にメンバーが来るというウワサに。
そのXデイには、いつもはシフトに入りたがらない女子が
たくさん出勤希望をして、シフトを組んでいた優くんは、
苦労をした。けど、メンバーは来なかったって思い出話を
してました。
「ピーナッツハニー」って、千葉のソウルフード的な商品名を
歌詞に織り込んでいたんだけど、どの曲か失念。
でも、名前の確認はしてましたね。

会場がとても良い事を褒めてましたね。
森のホール21なんて言うから、静かなイメージを持っていた
けど、会場は既に一つになっていて熱いと。
1階、2階、3階と声出しをしました。
その後で、1階の横に少し張り出している座席を指指して、
そこは1階だからね~とレクチャー。
そうして、再度1階から3階までの声出し。
最後に、「千葉のみんなー」

 イントロから本当に大好き!!!
「シンプル」本当に大好きな1曲。最後のところは、
会場と一緒に歌うんだけど、余り引っ張らず、
ほど良いくらいな感じ。
今回、とても感じたのですけど、バンメンさんのコーラス
の音量が良い感じです。
なんせ長丁場のツアー、週に2回のライブが続くスケジュールが
何週も続くから、出来ればコーラスでボーカルのカバーを
するのは、意味のある事だと思います。
続く「BE RIGHT」でライブは熱い!!!
優くんがアコギで、イントロを奏でる。
「白米の味」最初のフレーズで分かる。けど・・・
優くんが止めた。
「音、出てる?帰ってこないけど」と確認。
会場から両手で丸を作る人もいて、音が出ていた事が判明。
「なら、いいや」と再度イントロを演奏し始めた。
可愛い声と身体クネクネで寂しい女子2人組を表現。
ライブの方が、より可愛らしい。
でも、ガツガツ系なのも歌い方で強弱を上手くつけていた。
感心。
池窪氏のギターの音が会場にこだます「羅針盤」
今回はシングル3枚が主なので、心地のよい楽曲が多くて、
聞きごたえがあります。

 メンバー紹介(ここじゃあなかったかもしれないけど)

 ダッチさんから始まる。両腕を顔の前でバツにして静止。
その後、下にゆっくりと下ろすという動作。
小島さんはほぼ原型通り。須磨さんは、ちょっと早め。
はっちゃんは、動きが逆だったかも。池窪さんもお上手に。
そうして、優くんは「いつも謎の動きをするけど、最後は
グダグダだよ」っていう様な事をおっしゃり、動作を
ちゃんとしませんでしたよ。

「life song」
この演出がとてもとても可愛い。
優くんやバンメンさんがアニメーションになってしまう!!
その時、アニメではDOVEなんだけど、実際は黒のタカミネ
だったと思う。ちょっと惜しいなって思ってしまう。
けれども、この曲を聞きながら、ボーカリストとしての
成長をしみじみ感じました。
表現力というのか、優しくて暖かくて、声の表情が増えたなぁ~と。
ホッとするピアノの音「花のように」
小島さんがジャンプ、ダッチさんと須磨さんがそれに合わせて、
ステックを上げて頭を横にちょこんと曲げる。
いつもの風景。
懐かしいギターソロから始まる「同じ空の下」
何度聞いても、この曲は素直に前に進めるの。
そうして、優くんの「同じ空の下で」という最後の歌詞で、
天井を指すいつものポーズをしている人が会場にいて・・
それを見た瞬間、優くんの口元がほころんだのを見逃さなかったよ。
育てた楽曲は、育ち続けるんだよ。

 バンメンさんがはけた。
優くん1人で短いMC。
昔の曲をバンドアレンジを何曲かした。その中で、この曲も色々と
やってみたが、しっくりしない。
そのために、弾き語りで世に出した曲「BLUE」
やはり、ライブで聞く方が良い。時々、そこに立っている優くんが
昔の動画にいたスーツ姿の彼とダブってくる。
歌声の力強さは変わらない。
はっちゃんがピアノに座り、「シーユーアゲイン~ピアノバーション」
CDで聞くこの曲は、少しメリハリがあり過ぎな感じがしたけど、
ライブではナチュラルに聞けました。
「ロードムービー」春も聞いたのに・・・
なんでだろう、スクリーンに歌詞が出ていて、
急に涙がポロポロ溢れて、止まらなくなった。
止まらない涙をかき消すアコギのイントロ。
会場が大きくざわめく「ルポルタージュ」
スクリーンに歌詞が出ており、視覚的に訴える。
もうひと盛り上がりをしましょう!!!と、まさかのイントロ。
「太陽と花」「Mr.ComplexMan」
もちろん、買ってきて欲しいのは「木更津キャッアイ」
定位置の「明日はきっといい日になる」
各バンメンさんのソロは、幾分短めの「泣く子はいねが」

コール&レスポンスは・・・

 千葉 千葉 木更津キャッツアイ ディズニーランド
 ディズニーシー どっちが好き オレはシー

で、「オレはシー」って言って苦笑する優。
比較的、あっさりめで良いと思います。
タオルも廻します、会場にマイクも向けます。
ステージ左右に行きます。
最後の曲は「虹」
じんわりと心に沁みます。やはり、ナマの歌声は
心に響く。

   アンコール

 優くんは、シャツを着替えています。
同じ白なのだけど、ヘンリーネックにチェンジ。
もうひと盛り上がりっ!!!
「パイオニア」
ぴょんぴょんと何回目でしょう、飛び跳ねます。
ホント、この曲で飛び跳ねるのスキです。
最後の曲は「リーマンズロック」
優くんの思いなのでしょうね。
平日開催なので、明日も仕事がある人を思いやる優くん。
明日からまた始まる1日に、日常に、優くんなりに
エールを送ってくれている。
そう思える。

  

スムーズに流れるセットリスト。各年のきっかけ曲も
散りばめられており、聞きごたえあります。
アルバムじゃあないって言うのが、自由な感じで、
今度届けたい楽曲が詰まっていると思った。
何より歌が上手くなっている事に、本当に驚かされた。
進化が止まらない。うれし涙も止まらない。
心配した音響も問題なくて、本当に良いライブでした。
そうして、ワタクシ、今回のライブを通じて、
「今生きる事」を一番に考え様と気持ちを新たにした。
自分の気持ちに真っ直ぐに。
去る者は追わず、来る者は拒まず。
心のドアは、外側から開けられる。
って、優くんとは逆だね。

 そして、思ったのだけど・・・
最後に優くんがはける時に、かかっていた「虹」
会場から歌声も聞こえてた。
優くんも途中から歌ってくれて・・・
優くんの姿が消えてからも、歌声は続く。
なんか久しぶりにみんなで歌いたい気分だったの。
けど、残念だよね、メッセージが出てくると
歌が途切れてしまうのよ。
メッセージを遅く出すって出来なのかな?
優くんのライブに行って、素敵だと思ったシーンは、
流れる楽曲に合わせて、みんなが歌っている姿だった。
優くんにありがとうと敬意を表す時間だと
思っていたのだけど・・・
何か、寂しい感じもしたなぁ。
もう、あの感じはなくて良いのかもなぁ~

   セットリスト

 1.終焉のディープキス
 2.象
 3.現実という名の怪物と戦う者たち
 4.シンプル
 5.BE RIGHT
 6.白米の味
 7.羅針盤
 8.life song
 9.花のように
10.同じ空の下
11.BLUE
12.シーユーアゲイン~ピアノバーション~
13.ロードムービー
14.ルポルタージュ
15.太陽と花
16.Mr.ComplexMan
17.明日はきっといい日になる
18.泣く子はいねが
19.虹

  EN
20.パイオニア
21.リーマンズロック

2017-12-16(土) 21:06

戻りましたっ!!

 1泊2日の旅が終わりました。
そうして、本日は資格習得の研修に行っておりました。
昨日は、爆睡をしておりました。
旅は、楽しい時間をたくさん作ってくれます。
もちろん、ライブは素晴らしくて・・・
その感想の前に、ちょっと楽しかった事を。

 1年ぶりの東京。
追い風にのり、くまモンのイラスト入りのソラシドエアの機体は
5分ほど早く到着。
皆さんとの待ち合わせの品川には、遅くなるかもとの予想を裏切り(?)
ワタクシが一番乗り!!!
品川と言えば、秋田食彩館!!!
お店の前に謎のフラフープがありました。
そうして、他の方は何度か行かれているのに、由利本荘の大きな手まりが
ディスプレイされているのに気が付き、テンションがあがります。
昨年の狭山の時には、数日で間に合わなかった所。
お店に入るとワタクシのテンションはますます上昇!!!
気がつくと、秋田のお土産をたくさん買ってました。
お初の「なまはげのおくりもの」にバター餅、稲庭うどんにいぶりがっこ。
お昼は比内地鶏の親子どんぶりを頂きました。
美味しかった。
その後は、ヤギのいるカフェでお茶して、ライブへ向かう組と
そのままお別れの組で渋谷駅でお別れ・・・
短い時間ではありましたが、本当に楽しい時間を過ごせました。
会えるって本当に素敵な事ね。
会いに来てくれて、本当にありがとう!!!!

 ライブで濃厚な時間を過ごして、夜は新松戸のホテル泊。
ちょっと、眠れないなと思ったら、案の定4時にお目覚め。
暖房が上手く効いてなかったみたいで、寒くて目が覚めたよぉ~
朝方まで寝入って、翌日は晴れていたけど寒かった。
今日、研修なので割と早めの飛行機で帰る予定だったので、
中途半端な時間・・・
渋谷まで出たので、そのまま無計画に訪れた場所。
神社でお参りをしてきました。
なんと出産に関わる神社だったのね~
おまもりを頂いてきました。
もちろん、安産祈願も!!!
そうして、おみくじもひいてみましたら、小吉さんでした。
置いて帰りました。
可愛いおみくじでしたよ。「幸福(しあわせ)おみくじ」
古い木々が多くて、穏やかな時間を過ごせました。

 移動に時間が掛かったけど、あんなに移動をし続けても
3000円ちょっとの運賃で済んだ事にビックリ!!!
都会ってスゴイなぁ~とつくづく思った今回の旅でした。

 レポに取り掛かりましょう。
しばし、お待ちを(笑)