ゆうゆ

 新型コロナウィルスとやらが、全世界を巻き込んで大暴れを
している昨今。
ご無沙汰をしておりました、元気で生きてはいたのですが・・・・
色々な事が重なりまして、なかなか日常の生活が出来ていない日々が
続いてました。
現実、今もそう変わりはないのですが、終着地点に近づいてきています。

 その中での新型コロナウィルスの流行ですよ。
ツアーがぶっ飛びました。
ライブ三昧になるはずの3月のツアーが・・・
泣くに泣けない。
大阪は結局諦めたのですが、九州の3公演はワタクシの心を癒やして
くれる必須アイテムだったはず・・・
かなり実生活のムリやストレスをぶっ飛ばしてくれたはず・・・
しかも、2公演はワタクシ的には端っこの超良席!!!!
鹿児島なんて、これまでの奇跡的な出来事の集大成の予感さえ
していたのに。
いざとなったら、車運転しても!!と運転嫌いなワタクシがマジで
考えた程でした。
が。
結果としては、これで良かったのだと思います。
仕事柄、ゆるい行動制限は出ており、ライブに行き何かあった場合、
言い訳が出来ません。
危機管理出来てないよね、って、これまで働いてきて築いた信頼を
一瞬で無くしかねない。
そんな事は、出来ない。
善意の他者に危険が及ぶ事がもしあったら??
その「もし」の為に、ライブがあっても行かない選択肢しかありません
でした。

 
 とはいえ、待ちきれずに下関に行って良かったという結果です。
1公演でも見ることが出来た幸せ。
それを大事にかみ締めて過ごそう。
空けない夜はない。
終わらない感染症はない。
不幸もそう長くは続かない。
と自分に言い聞かせながら、この先も頑張ってく。
なにかと、心が折れそうな日々だけど、折らずになんとか保つ。
そうして、その時は思い切りはしゃぐ!!!!

 奇跡的なチケット3枚は、お金に戻します。
その前にカラーコピーとって、大事に仕舞います。
あーーーー!!!!
本当にこの席で、ライブに参加したかったよぉ~

 コロナのぶぁかぁぁあああああーーーーーーーーーー

 ご無沙汰をしておりました。
鬱々としていたら、10月も半ばを超えておりました。
色々と物思いにとらわれた日々を送っておりました。
初盆、一周忌は、つづがなく終了をしました。
気がつけは、なかなか寒くならない秋も半ばです。

 ACMFも無事に終わり、思いがけずにツアーの発表があり、
ついでに「胡坐」も後半を瞬く間に終えてしまいました。
全て、あっという間な感じです。
その間、習慣的に土曜深夜にAMラジオ番組を聴き、
小委員会の水野さんと作った楽曲で、これまで聞いた事がない
ゴージャスなバック演奏に包まった優くんの歌声を聴き、
こそばゆい感覚に陥りました。

 そんなワタクシですが、ちゃんとツアーにもエントリーを
していました。
仕事の関係で、1月は動けず、2月の遠征も何に気が向かず、
九州の近場は続けて3月というスケジュール。
ツアーの先行の当落のお知らせ。
大好きな大阪が全滅。
せっかくお友だちと同行しようと思っていたのに、イケズやわぁ〜
ローチケさんに思わず頼ってしまう。
行きたいなぁ〜
行けると良いなぁ〜
でもね、そうすると3月だけで物凄い移動になるの。
ライブ三昧の1か月になるの。
そうしたいと思ってたんだけどね。

 FCで普通のツアーでチケットが取れない日が来るなんて、
思ってもみなかったので、かる〜いショックを受けました。
アルバムなくても、シングル発売なくてもツアーができる
のは、本当にすごい事だけど・・・
ちょっと複雑な気分。
まぁ、落選した方々は、かなりの数になりそうなので、
その分のチケットが正しく売れて、会場が満席になれば
それで良いのですよ。
これで、チケットがあまる会場が出てきたのなら、
それは運営の失敗のような気がします。
某事務所のように、FCに加入するしか、販売の対象にならない
ようなチケットの発売をするのであれば、メリットは大きい
ワケで。
でも、一般もあるのならば、しかもFCでチケットが取れずに
一般で申し込みをするのであれば、安心して行きたいライブ
へ行く事が叶わないのならば、どうすれば良いのでしょう?

 気持ちの浮上がままならないままに、気ままに
思いを書いてみました。
でもね、歌声を聴ける機会が今年もある、ツアー時期の
ワクワク感を持てる事は何よりも楽しみだし、元気の元
だしね。
色々と書き連ねても、ワタクシはやはり好きなのだ。

台風が通過して、移動にも不安がないこの日。
夏場のお出かけは、ほとんどなくて一抹の不安も
抱えながらの移動。
それも贅沢な悩みで、なんせ2015年ぶりの
「胡坐」ですもの。
新しくオープンしたZepp Fukuokaは、商業施設
「MARKis」内にあり、時間調整に快適な環境。
ありがたい。

   
  8月7日(水) 福岡   晴れ/通り雨

 
 開場して流れていたのは、家入レオさんや桐谷健太さん
ウルフルズ、はなわさんの「伝説の男」、ももクロ、
どぶろっくの「もしかしてだけど」の英語バージョン。
これは、AMCFにこれまで登場されて方々の楽曲かなぁ?!
けれど、コミカルな曲に緊張が少しほぐれてきた感じ。

 開場は、大きくなったけども 舞台中央に「胡坐」の
タペストリー。色も変わらず。
ステージ中央に椅子。その椅子は会場のパイプ椅子と同じ
で、その上に胡坐の座布団が置かれてました。
その前には楽譜台にスケッチブック。
優くんから左手には、直前にスローコート入りの蓋つきコップ
が2個置かれております。
この日のお席は、H列の上手のほぼ端っこ。

 アナウンスの後、ちょっとして優くんの影マイク。
スムーズな流れで、登場前の会場が温まっていく。
優くんから過度の緊張感は感じられない。
そうよね、ちょっとざわめいたけど、最初は優くんって
気がつかない感じもわかる。

 客電が落ちて、胡坐の歌(?)が流れて、
優くんが登場。
藍色の作務衣。白い襟つき。着丈が短めなのがなんかお茶目。
右肩に「胡坐」の文字。
後ろには「U are not alone」の文字。
「U」は顔になっており、ちょっと笑顔な感じに見えた。
足元は見えなかったのですけど、素足に雪駄だった
とか。
手を上げて左右にお辞儀に来る優くん。
メガネは軽いフレームで、印象がちょっと弱い。
よな?!(笑)
髪の毛は前髪がいい感じに伸びてて好きな感じ。
だったけど、帰京後切ったんだっけ、よな(笑)
あぁ、特別な時間が始まる。

 ギターは、直前まで念入りにチューニングが
されておりました。
すぐに演奏に入れる状態。
優くんが久しぶりに演奏をしますと言い、タイトルを
言った瞬間、歓喜でありました。
「夜明けを待っている」
娘1と一緒に行ったライブでバンドで聞いたなぁと
記憶が蘇ってきました。
涙が出てきちゃいました。
そう、大切なことは一つだけ。
泣ける、泣ける。
これも久しぶりに演奏しますって、始まるギターと
ハープの前奏。
これも懐かしい!!!「オナニー」
ん、周りが静かなんだけど、1人大騒ぎのワタクシ?
けれど、心が高揚して仕方がないんだもん。
2日続きのライブなのですけど、優くんは2日目の
方が声がよく出ている事が多くて。
今回も、とても声がよく伸びてました。
この2曲ともファンになって直後の「僕らの平成ロックン
ロール②」に収録されている。
予測なしの選曲に本当に泣けてしまう。

 胡坐についてのMC(ここじゃなかったかも?)

元々は、札幌の大学時代。路上ライブを行っていた頃。
CDショップの「音楽処」の石川さんに人が集まり始めたの
ならば、閉店後の店舗を貸すから、そこでライブをしたら
どうかと声をかけて貰ったのが始まり。
そうして、いつもあぐらを組んで演奏をしていたので、
「胡坐」と名付けて開始した私的なライブ。
そうして、ファンクラブが出来て、自分のワガママで再開を
させて貰った事。
1名で参加という事なので、周囲に知り合いはいないと
思うけどと「初めて参加する人?」と声をかける。
初めての人が手を挙げると、周囲ほとんどの人の手が挙がる。
みんな1人で不安だろうけど、みんな「ユーアーノットアローン」
1人じゃないので大丈夫。
で、この空間でのお約束をと優くんは、ライブ中は個人で
どう楽しんでも良いと話す。
もちろん、常識の範囲で。
どう楽しんでいようと、人それぞれで良い、それだけは
約束して下さいと。
今回で福岡での「胡坐」は4回目。
なのだけど、1度CD先行で福岡で行っているそうで。
その時に来た人と聞くと、2名ほど手が挙がる。
それを見て、「引きが強いねぇ」と笑顔の優。

 アップテンポな楽曲。
どちらも「来し方行く末」の収録曲。
「Cockroach」ギターを無心に弾く姿に感動すら
覚える。
ツアーではキラキラしたミラーボールが回っていた
けど、弾き語りにしたのは本当にトライだったんだね。
意外過ぎた。
そして、もう一曲意外の「アイアンハート」
この頃には前つんのめりでありました。
実は、立ち上がって歌いたい気分。
すでに汗だくの優。
曲間にスローコートを飲むのだけど、そこで
「あー」ってちょっとオジさん風の声が出て、会場が
クスってしているのを感じて、優くんちょっと大袈裟に
ひと息つく場面が出てきてます。

 久しぶりに聞く「HITO-TO-HITO」
2015年の「胡坐」でも演奏された楽曲。
アイラブユーって口ずさんでいたら、なんだか
泣けてきた。号泣に近かった。
心に響く歌は、いつでも心に響くものなのね。
そうして、サンプリングされたメインのギター音源。
大好きなイントロ。
「スペアキー」
弾き語りで聞けるなんて贅沢だ。
優くんが足元使いになっている素晴らしさ。
心鷲つかみでギュンギュン泣く。
優くんが「ほんとのきもち」とタイトルを告げる。
あー、もうなんて贅沢ーーー
ワタクシと優くんの出会いの曲。
この曲で、初めて聞いた高橋優の歌声。
それから早9年。
今、原点に帰れた様な気持ち。

時々、ギターのストラップが肩から落ちる。
直す時もあるけど、ほとんどは肩から落とした
状態で歌う事しばし。

 「胡坐」では、即興で歌を作る事もしていた
ので、今回も作ります。
事前に作ってきていると思われる方もいるかも
しれないので、何人かの方とおしゃべりをして
そこから曲を作ります。
スケッチブックを開き、メモを取ると話し、
以前のメモも書いてるよーとパラパラ。
字が汚くて読めないと1人突っ込みの優くん。
話をしたい人と会場に尋ねると、手がたくさん挙がる。
その中で、フライングで手を挙げた人がいて、
その方(多分レア胡坐に参加した人?)には、もういい
感が満載で、挙手をやり直す。
そうして、当たったのは、Aくん。
島根から来た方で医学系の大学生。現在5年生。
で、優くんは大学院?と尋ねる。
6年制の大学だとの認識がなくて、そういうの知らないの。
ずっと路上ライブしてたからって言い訳してた。
彼女なし、子供が好きなのでいずれは新生児を治療したい。
彼女いないというのに、結構に反応する優。
ちょっと嬉しそうというのか、なーかーまって感あり。

 以前の時は、会場のファンの話を聞いていたのに、
今回は優くんからの質問ぜめの様相。

 二人目は、三重から来たというYさん。
27歳の女性。
保母さんに成りたかったけど、今の仕事も好きだと言う。
じゃ、子供が好きなのと聞く優。
ライブに行くのが好きという。
彼氏はいない。
ガンガン質問する優くんは、答えたくなかったら、
左手を頬に当てて、こういうポーズしてねって
各々に言っておりました。

 三人目は鹿児島から来たMさん。
グッズと名前が一緒でとっても嬉しいと話す。
専門職についている方で、三人姉妹の末っ子。
クリスマスの夜中に長年付き合っていた彼から
プロポーズ。
深夜3時に食べたしじみラーメン。
感動で泣きながら食べてと話す。
「しじみ」は、肝臓に良いよねと食いつく優。
そこかい!!!
感動のしじみラーメンは肝臓に良いと独り言の
ようにつぶやき、メモをした様子。
マイク担当はマネージャーの野村くん。

 三者の話を一つの楽曲にまとめるのに時間を
要すのですけど。
かなり苦しそうな感じ。
話の中で、Aさんにライブ会場とかで知り会う事は
ないのかとか、Yさんが彼氏いないと言うと子供好き
同士でつきあっちゃえって言うジーニー発動。
で、なぜか自分の歳を36歳と言ってしまう優くん。
そうして出来上がったのが「感動のしじみラーメン」
曲は良かったけど、歌詞はグタグタ感あり。
『感動のしじみラーメン 身体によいしじみラーメン』
って歌詞があったと思います。
『会場を出て100mしたら声かけてみる』ってのも。
ライブ会場で出会い、結婚する様な歌に仕上がりました。
けど、九州の会場なのに、遠くから来ている人も
多かったのねぇ〜

 後半は、これも1回目に聞いた「16歳」
久しぶりに聞く。
初期の楽曲は、本当にギターでの弾き語りが
スムーズに受け入れられる。
心臓の鼓動の様に定期的に刻む音。
まさかの「CANDY」
優くんの歌唱はど迫力で、声がよく出てました。
辛い曲なのですけど、優くんが新しい事をして
いるのを見守る気持ちと嬉しい気持ちがちょっと
勝ってました。
福岡に着く頃にイヤホンから流れてきてて、
弾き語りで聞いてみたいなぁ〜と思っていた楽曲。
「なくしもの」
これも優くんらしいというのか、優くんが歌ってて
自然というのか。
カバーというよりも高橋優の曲になってました。

 実はね、Zeep Fukuokaが改築前に、スガシカオさんと
福岡出身の戸渡陽太さんとライブをしてて。
今回のライブに戸渡くんが来ててね。
優くんが声掛けて会場が立ち上がり、優くんもギター弾きながら
立ち上がりました。
その時、戸渡くんが身を乗り出して見ていたのが印象的でした。
立ち上がって、演奏しながら左右に移動をする優くん。
「スタオバ」「サイマジョ」とアップテンポな曲が続く。
「サイマジョ」の弾き語りは聞いた事があるけど、
「スタオバ」の意外な事と言ったら!!
本当にビックリだよ。
ライブでの常連曲だったのに、久しぶりに聞く曲。
「現実という名の怪物と戦う者たち」
ちょっと大人しめ盛りがり。
大きな歓声が上がったのが「プライド」
ご新規さんが大半なのだろうか。
盛り上がる楽曲、違うでしょ!!

   アンコール

 「虹」
ここで「虹」かぁ〜と思ったのだけど、これが
すごく良くて。
時期も甲子園開催中だし。
実は、心ストレートに響かなくても、時間を経て
心に響く楽曲もあるんだなぁと思いました。
ライブではバンドでは何度も聞いている曲なのに、
その楽曲の持つ力とか高橋優の歌声の強さとか思い
とか、そういうものが真っすぐに迫ってきた。
そのくらいの熱量を感じました。
優くん、ギターの弦を切りました。
「弦が切れたぁ!レアだよ」と話してましたけど。
やはり、弾き語りでの表現は欠かせない。
最後の曲は、「あなたとだから歩める道」
ちょっと肩透かしにあった気もしたけど(笑)
福岡は以前に公開プロポーズに立ち合い、
人の幸せに涙して、歌えなかった事もあった楽曲。
優しくて穏やかなこの曲で、今年の「胡坐」は
幕を閉じました。
「夜明けを待っている」からこの曲まで、
素敵なセトリで聞けた事の幸せ。
本当にこの場にいる事が出来て良かった。
幸せを感じました。生きている事への。

 ギターを置き、左右へのご挨拶。
「ありがとうございました」が、とてもよく聞こえた
会場。
足回りの機材類やピックを使わないで弾いた曲。(分からなかった)
優くん自身が「もう気が付いている人もいるけど、新しい事を
した」っていう弾き語りのライブ。
約600人をまとめる力。
歌声と演奏、輝かしいと心から思った。
そうして、ダラダラ汗かきながら、飛び散らせながら
ひたむきにギターを弾く姿に、ここにいてと思った。
大好きだよと。
歌ってくれる人がいて、救われる人がいる。
ワタクシにとって、この「胡坐」は見極めにもなるのかと
危惧をした部分もあったのだけど杞憂でした。
ギターがあれば、どこででも歌える。
ファンでいて良かった。

    セットリスト

 1.夜明けを待っている
 2.オナニー
 3.Cockroach
 4.アイアンハート
 5.HITO-TO-HITO
 6.スペアキー
 7.ほんとのきもち
 8.(即興曲)感動のしじみラーメン
 9.16歳
10. CANDY
11.なくしもの
12. STARTING OVER
13. (Where`s) THE SILENT MAJORITY?
14.現実という名の怪物と戦う者たち
15.プライド

   アンコール
16.虹
17.あなたとだから歩める道

2019-08-16(金) 09:50

お盆休み

 夏休みを頂いております。
初盆なので、娘も子連れで戻ってきていたし、最近は
二つの事は一緒に出来なくなってきてるし。。
時々、休まないと仕事もなんか散漫になりがち。
というか、忙しすぎ、難かすぎ。
そういう世の中になってきてるのねぇ。

 台風が来たので、娘たちを1日早く帰して、
新幹線は変更出来たけど、在来線の方が大変なので
小倉まで車で送り、なんとか影響なく帰る事が出来ました。
今回、お盆だった事もあり、娘の危機管理の臭覚か、
ネット予約を初導入しており、変更も簡単でした。
世の中、便利です。

 今日は静かに過ごそうと思います。
8・9月はワタクシ的には精神的にきつい2ヶ月。
いつまでも気持ちの整理は出来ません。
納得は出来ません。
出来ませんけど、休みながらでも前に進まないと。
生きていかないといけないね、ほんと。

 「胡坐」のレポ書こう。
やっと、書きたいと心から思えました。
そういうライブでしたよ。

2019-08-07(水) 07:38

「胡坐」の朝

 昨日の朝は暴風雨。
今朝は、もう暑い。そんな8月7日の朝。
2度目の胡坐の当日です。

 これで3ヶ月連続のライブ。
この時期に、これは画期的です。
フェスに参加は厳しいので、ほとんど夏場はライブに参加
する事はないのですけど。
本当に嬉しい。

 もう暑いけど、体力勝負だけど、温存しながら
楽しんでこようと思います。
ホークスタウンだった場所は再開発された
ショッピングモール!!!
それだけでも助かります。

 何が聞けるんでしょう。
ワクワクしながら、用意をします。

 この日の東京は、傘の必要はなく
曇り空から青空が覗いた。
そうして、かなり暑かった。
そんな暑い日。メガネツインズのツアー
最終日に参加ができた。

 2019年7月17日(水)  東京 晴れ

 この日は12列目の端っこだったけど、大阪とは
反対側で優くんのサイド。
そうして、豊洲の方がなんとなく横に広い様な感じ。
開場して流れた曲は、「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」
「15の君へ」「My Sweet Darlin'」
「亜麻色の髪の乙女」「目を閉じておいでよ」
「瞳を閉じて」等等。
亀田さんが演奏含めて楽曲に関わったミュージシャンの
楽曲と目周りの曲なのかなぁ?
大阪は懐メロ(亀田さん世代)っぽかったよね。
そんなこんなで客電は、ほぼ定時に落ちました。
と同時に物凄い熱量を持っていた会場からは
悲鳴の様な歓声と手拍子が始まります。
ファイナルなせいか会場の温まり方がちょっと違う。
そうして、「メガネツインズのテーマ」がカットイン!!

 両手を上げて優くん、亀田さんの順で登場。
衣装は変わらず、エンジのシャツと黒の細ネクタイ。
亀田さんは黒スキニー。
優くんは黒ダボパンツ(?!)に黒のスニーカー。
ステージでシャツをインしてるの見るの初めてかも??
「メガネが割れそう」
会場からは「割れそう、割れそう」の掛け声。
声も揃っておりましたよ。
ライブの流れはかなりスムーズで、回数を経て、
出来上がってきた感がかなりしました。
前面のスクリーンにはメガネツインズのロゴマーク。
「割れそう」で2人のメガネにヒビが入った!!!

メガネツインズの楽曲は、演奏楽器が少ない分の
シンプルさと声の魅力が満載なのです。
「ドライアイ」はどんどんセクシーに。
「ゴーグル」はより楽しい楽曲に。
メガネツインズがゴーグルツインズ。

「サングラス」で衣装チェンジをした時に、
メガネを外すその横顔、裸眼の横顔が見えたのは
ラッキーでした。
そう、ちょうどワタクシの横で写真を撮っていたのよ。
有賀さん。(大阪でもそうだったよな)
その様子はFCサイトにアップされてましたね。

 9曲したかないとネタの様に繰り返している2人
ですが、優くんより「なので新曲作りました」
既に目周りの歌となっているメガネツインズの楽曲。
新曲は「前髪」
すごく可愛い片思いの曲で、しかも失恋の曲で、
音源化をして欲しいなぁ〜と思いました。
ロゴマークにもパッツン前髪。

 
 なんせ楽曲がないので、ここからは
某メーカーさんより提供をして頂いたカラオケを
使用したカラオケタイム。
カラオケは出張をしてくる時代になりましたと優くん。
メガネツインズの曲が入っているんだよって紹介を
してくれる。(確か第一興商だった様な)
そうして、優くんが選んだ曲は、「ALONE」
会場は大喝采!!!
稲葉さんばりのボーカルで熱唱。
でも、ワンコーラスで止めちゃうのよね。
目周りソングカラオケは「飾りじゃないのよ涙は」
ノリノリの亀田さん。
会場は大きなカラオケボックス状態。
そうして、LEDスクリーンには、優くんと亀田さんが
カラオケボックスで歌っているプライベート映像。

 「First and Last Love」
この曲、とっても好きなのです。
なんだかとても和めるのです。
そうして、ライブで聞けて本当に嬉しかったのです。

 ここからは盛り上がりたいと優くん。
急遽配信になった「メガネザル」
スクリーンには目の大きなおサルさん。
最後にはメガネをかけてメガネザルになるんだわ。
ここで新曲「カラコン」
スクリーンもカラフルでした。
そうして「視力検査」
何にも考えずに過ごす楽しい時間。
「メガネツインズのテーマ」が、本編の最後の曲。
楽器を置いて、会場に手を振りながらはけていく2人の
後ろ姿。
そこにくっきりとストラップの後が。
エンジのシャツに汗の後がついていました。

   アンコール

 2人ともグッズのTシャツを着用。
亀田さんは赤、優くんは黒。お似合いです。
豊洲PITのPITは、Power Into Tohokuの略称と優くんが
言っていました。
その名のついた会場でファイナルなのです。
そうです、メガネツインズは「風とロック」から生まれた
のです。
メガネツインズと名乗る前に、2人で歌った曲。
モンキーズの「デイドリーム・ビリーバー」
そう、清志郎さんのつけた和訳で歌ってくれる。
今や、日本語の曲とすら思っている人もいるんじゃないか?
スタンダードだね。
そうして、「福笑い」
この2曲に心を洗われる。
胸に詰まっていたものが、洗い流されていく。
泣き笑いをしながら、手拍子を続けていた。
優くんは、曲終わりにオーィエーとギターをかき鳴らして
声を出し続けてくれました。
一番好きな終わり方。

 優くんの歌うたいの力と亀田さんの大人の包容力を
肌に感じながら、メガネツインズのツアーのお終いを
見届けてきました。
楽しい時間はアッと言う間。
そうして、2日目の大阪ではまだ温まってなかったな。
手探りだったなと感じました。
安心して楽しめた東京でした。
亀田さんの満面の笑みが心に焼きつきました。
本当に楽しかった。
そうして、少し亀田さんに委ねながら、でもバンマスな
気持ちもある様な優くん。
ワンマンとはまた違う感じが新鮮でした。
次はいつ会えるかなぁ〜って思いながら、豊洲を後に
しました。

  ありがと、メガネツインズ!!!

セットリスト

 1.メガネが割れそう
 2.ドライアイ
 3.ゴーグル
 4.サングラス
 5.前髪
 6.Fitting
 7.ALONE
 8.飾りじゃないのよ涙は
 9.First and Last Love
10.メガネザル
11.カラコン
12.視力検査
13.メガネツインズのテーマ

  アンコール
14.デイドリーム ・ビリーバー
15.福笑い

2019-07-21(日) 23:26

デビュー9周年おめでとう

 メジャーデビューから9年。
その長い様でアッと言う間の時間を優くんは文字通り
走り続けている。
ワタクシが歌声を知った2010年秋。
その声の圧倒的な存在感、初めて聞いた歌声にその声の
持ち主を知りたくなった。
それが出会いだった。

 それから、ライブに行く様になって、時々ご本人にも
会えるチャンスがあって・・・
人柄にも触れる機会があった事も長くファンを続けられて
いる理由の一つかもしれない。
こんな辛い出来事も乗り越えていけるのも、優くんが
活動しててくれて、動いてくれているから、ワタクシも
動こうと思う。
その事で、日常が戻ってきています。
支えられていると実感をしています。
だから、ずっと好きでいて良かった。
巡り会えて良かった。あなたに出会えて良かった。
その感謝の気持ちしかありません。
本当にいつもありがとう!!!!

 10年の区切りの前のこの1年。
優くんはどう活動をしていくのでしょうか。
歌声を待っている人は日本中にいます。
地元しか行けない人もたくさん。
当初からのファンの方、今も地元ならライブへ
行ける方も多いのですよ。
大きな会場も素敵だけど、もう一度原点に戻って、
本当の意味での原点回帰、STARTING OVERを
して欲しい。
ワタクシが出会った頃の優くんは、ひたむきで
ライブの流れが悪くなるのに1曲づつに深く頭を
下げていたよね。
そういう気持ちだけは持ち続けていたい。
あなたのいる場所は、そこしかない。

 その為に必要な事や求められる事には挑戦を
し続けて欲しいと思う。
世の中のエンテーテイメントは、その先にいる
人を笑顔にする為に存在する。
それ以上でもそれ以下でもないと強く思うのよ。
やってみてダメなら、帰る場所はあるもの。
それが歌うたいの強み。

 少し走りを緩めても高橋優らしい
1年を過ごして欲しいと思います。