ゆうゆ

 早いもので、初めて優くんのライブへ行ったのは、2012年6月3日日曜日
福岡だった。
それから、6年経った。
ワタクシの節目の年だった2012年。
もちろん2010年から知っていたのだけど、アルバムを買うほど聞いていた
のだけど・・・
ライブハウスに行けなくて、自分の年齢がそぐわないと思い込んでいて。
行動に起こせなかった2011年。
ホールなら行ける!!!と、ドキドキしながらチケットをとった事を昨日の
様に思い出せる。
それから、6年間。
楽しかった、毎日が本当に。知らない事を覚えたり、若い子の文化に触れたり。
何より、ずっと優くんが側にいてくれた。
何があっても優くんの楽曲が寄り添ってくれた。
ずっとずっと、ワクワクした日々だった。
ワタクシを前へ前へと進めてくれた。突っ走ってこれた。

 7年目になる2018年。
この3年間、6月に開催されてた胡坐だけど、今のところは開催未定。
楽曲制作の時間なんだろうね。
今年はアルバムを作る年なんだろうね。
ACMFには、日程的に今年も出かけられない。
やはり、東北は遠い・・・
今のワタクシには、楽しみが何もない。ワクワクする事が何もない。

 しばらく、優貯と仕事に励みながら、ファン7年目をスタートさせよう!!!
優くんを取り巻く環境は、変わっていく。
その中で、優くんが優くんらしくいてくれる事が大切。
色々と迷う事やはっきりとさせられない事も多いと思うけど、周囲に気を
使いすぎて、動けない事もあると思うけど。
中堅になってきているので、自分で判断をして自分で決める、貫く。
人の事を気にしていては、自分がなくなっちゃう。
そう、初めて見たあのアルバムのあの視線の強さ。
それを信じている。
アーティストとしての神秘性は大切。
それは作る事も出来るんだよ。
そうして、言葉の後ろにあるモノも分かってしまうんだよ。

 たぶん、2012年6月のワタクシが優くんに描いていた「今」
とは違うと思うけど、それもずっと見てきた優くんなんだ。
そう思うんだ。

 本当に「今」思う事を楽曲にして届けて欲しい。
本当の優くんの歌を聞きたい。

 今年最初のリリース、「プライド」
NHKのアニメの主題歌という事で、主題に沿った楽曲に
なっている。
最初、聞いた時は何となく過ぎ去ってしまう楽曲だった。
だけど、何回も聞いているうちに、いえ、ライブで歌う
優くんの姿を見るたびに「これ、良いじゃん!!」となってくる。
優くん渾身の三拍子だし、気持ちが乗りすぎでダダ漏れして
しまうし、これぞ『高橋優』なんじゃないかと思える。
「虹」のように、ワタクシの中でライブで楽曲がバケた。

「僕の幸せ」タイアップ曲なので、これも主題がある楽曲
なのだけど・・・
年齢とともに、変化する恋愛観や目線の変化が感じられる。
どちらかというと、保護者的な感じすらする。
音に暖かみがあって、シンプルだけど、つい口ずさんでしまう。
ソングライティングのチカラを感じる。

「昨日の涙と、今日のハミング」
「僕らの平成ロックンロール②」に納められた楽曲。
2012年、優くんの誕生日のリリースだったんだけど、
優くんの記憶は時として曖昧。
ちょうどファンを自覚した直後のミニアルバム。
楽曲が出来すぎてシングルだったのが、収録曲が増えた
んだっけな。
で、その時は「僕らの平成ロックンロール」との対比をかなり
されてしまい、否定的な声も多かった。
けれど、ワタクシは好きだったなぁ~
夜中に狸小路で弾き語った「ボーリング」、福岡のホテルでも
弾き語ってくれた。
ゲリラ的な衝動的な企画が多かった。
NHKの「青春リアル」のテーマソングだった。
短いレコーディングの映像が今も脳裏に蘇る。
ギター背負って、コンビのビニール袋を持ってスタジオ入りする
優くんの姿。
昨日の事のように思い出せるのにね。
原曲からのアレンジで、今の優くんが届けると切なさよりも
優しさが強い気がする。

「メガネツインズのテーマ」
この曲でお2人のライブが始まったったりしてね(笑)
亀田さんの魅力が120%!!!
やっぱ、ライブで聞きたい!!!
メガネツインズの演奏はシンプルだけど、楽しい。
次はいつ聞けるのかなぁ?
福島でしか聞けないのかなぁ?

 
 特典映像
ベスト姿の優くん、あれれ?胸板が厚くなったよな??
企画は、いつも通りでグタグタ気味でありますが、
ある意味安定?!
卓さんの上から目線が段々と板についてきている。
突き抜けるのは良き事だと(爆)
ライブの裏側では、いつも色々な事が起こっているんだね。
こういうドキュメントは、いつも見たいなぁ。
コレだけでも十分なんだけど。
で、ですよ。
急な弾き語り映像。
ずっと思っていたけど、シンガーソングライターが他の人の
楽曲を歌うのは表現力は増すのだろうけど、ワタクシには
あり得ない部分があります。
歌を作る事が出来る人は、作った歌を歌う方が良いのです。
だから、優くんがカバーアルバムを出す日が来たら、
きっととても苦しいし、その時こそ先を見届ける覚悟が揺らぐ
時かもしれないと思っているのです。
要望する声をツイッターで時々見るけど、とても複雑な思いに
なってしまいます。
もちろん、これはワタクシ個人の思いなので・・・
感想は自由なので・・・・
あ、ユーミンはワタクシの青春ですけどね。

 今回も急な販促(?)イベントがありました。
それは、お友達が行けたりしたので、良かったのですけど
やはり地方民には何とも哀しみが先立ったり・・・
けれど、まだもどかしさを感じるのだから、気持ちがある
って事ね。
今回は、アベマTVとラインライブと2つの配信番組が
2日続きで企画されてました。
この2日間、ちょっと優くんに遊んで貰った気分になりま
したよ。
優くん、プロポーズしてくれたし!!(そういう意味では
ありませんけどね)
歌を届けてくれる、それで良いのです。
アーカイブで見せてくれるので、ゆっくりと見直す事も
出来ます。
全部のファンに良き事なんて出来ないのは分かっている。
けれども、どうファンを楽しませるのかを企画するのは
大切でしょう。
ましてや、ワンマンライブをやらない時期なのだし、
きちんとやらないと、世の中にはたくさんの音楽が満ち
溢れている。
その中で、どうするの? って思うのよ。

 出来れば、イベントも各地で行える方が良かったと
思うし。
同じ人がハシゴして来てもねって思わなかったのかな?
行ける人は、地方でのイベントでも来るのだろうけど、
そういう企画で、地区限定しちゃうのは・・・
で、時間がないっていうのは、地方民には決定的にムリ
なのですよ。
昔の様な購入特典で、行う企画であったら良かったのにねぇ。
と懐古してしまいましたとさ。

 わ!!
アッという間に4月が終わり、5月も終わろうとしている。
細々と生きておりました。

 3月19日に生まれた赤子は、無事に大阪へ帰って行きました。
途中。ちょっと遅いお宮参りは、太宰府天満宮!!!
ワタクシには最強のパワースポットなので、偶然とはいえ
嬉しい気持ちになります。
忙しくて、大変な日々でしたけど、やっとやっとの平常営業。
溜まっていた仕事に追いかけられている日々です。
物事は、うまくしたモノで・・・
止っていた困難事例が、恐ろしい勢いで動いた5月でした。
けれども、人は本当に人に支えられて生きているのだと実感を
しました。
心が通わない人もいるけれど。
人で疲れた心は、人で癒される。
そんな事を五月晴れの空を見ながら思った今日でした。

 いつの間にか5月末。今年は胡坐はないのかな?
いつ、優くんの歌声を聞けるのかな?
ワタクシの自由な時間が戻ってきたよ(笑)

 とりあえず、今夜はMステ!!!!

 生まれて初めて、初日舞台挨拶のライブビューングに
参加した。
所は、県内で一番大きなスクリーンを持つシネコン。
当然、その上映は一番大きなスクリーン!!!
大きな画面で見る事が出来るっ!!
それだけでもテンションが上がります。

  
 ちょっと気がひけながらも、当日を迎えました。
それまでは、見に行くにしてもレイトショーと思っていた
のだけど、ライブビューングにどうしても行きたくて・・・
もうねぇ。
ドキドキはマックスですよぉ。
かなり、母心を刺激されてしまい、もう心配で心配で・・・
無事に舞台挨拶が終わるのだろうか?
そうして、映画はどうなんだろうか?
心がザワザワです。
春休みの午前のシネコンは、そりゃあもう人が多くて、
その中に紛れ込むには、気がひけるけど、ここまで来たら、
楽しむのだと開き直り!!
ちょうど、席の隣はJKだったので、引率者の顔をして
おりました。(><)

 ライブビューングの司会は、アミューズの壮口さん。
優くんともお仕事をした事がある方なので、その存在に
少しホッとしたり。
壮口さんに、出演者が次々に呼び込まれ・・・
平野くんが最初に出てくると、こちらのファンの方からも
悲鳴のようなざわめきが!!!
やはりほとんど、平野くんのファンですね。
各出演者が呼び込まれて、メインキャストの最後が優くん。
平野くんの左横が開いてて、そこが立ち位置でした。
黒の少し長めのジャケットを着こなしておられました。
こういう優くんを見るの初めてです。
少しドキドキしてしまう!!
壮口さんからのむちゃぶりは、生まれた地の方言での自己
紹介。
若いキャストは、苦戦をしますが、ナチュラル秋田弁の
優くんのなまりに心からホッとして、こちらの緊張が
ほぐれたり。
お話し上手な優くんなので、話をしている間はドキドキは
おさまるのですけどね。
でも、やはり心配はつきなくてね。
フォトセッションの様子なども見せてもらって、テレビの
裏側ってこんな感じなのねと思って見てました。
優くんは、終始周りに馴染もうとしている感じで、きっと
頭の中では色んな考えが高速回転してたんだろうなぁ~
フォトセッションの時に、映画名の入ったパネルを持つの
だけど、その時白いハートの風船をこっそりと手を離して
足元に落ちていくのを見ましたょ。

 さて、映画ですが。
鬼キュン映画などと名打っておられるので、目も当てられない
ような内容かとおもいきや・・・
ちゃんと恋も友情も家族愛も描かれており、違う意味でもキュン
としました。
主に、宗ちゃんの親心に心を打たれてナミダですよ。
本当にやられました。
自然体であるがゆえに、怖い物がないなぁ~と感じました。
事実、叔父の立場で年頃の似た姪御さんもいらっしゃるもの。
そういう環境は、役に反映されているのかなぁ~なんてね。
優くん、去年の5月に漏れ出た情報から、この日まで、
こんなに出番の多い役だなんて思いませんでした。
いえ、想像もつかなかった。
その中で、歌以外の表現の力が豊かなんだなぁ~と。
ちゃんと奈緒の叔父の宗介さんだったし、自転車を手放す所も
良かったなぁ~
エンドロールも楽しかった。

 
 きっと、落ち着いた気持ちでもう一度見たいなぁ~と思ってます。

2018-03-31(土) 23:51

春の日

 ご無沙汰でした。
近況を少しばかり・・・

 無事に娘2に、3400gの男の子が産まれました。
3月19日のこと。
付き添っていたら、そのまま出産に立ちあう事になりまして、
貴重な経験を娘2にさせてもらえました。
良かったなぁ~と思います。
可愛さが倍増します。立派な赤子です。
なのですが、退院日が優くんの福岡ライブに重なりまして・・・
初めて、チケットとったライブをお休みする事になりました。
だいぶ迷ったのですが、不思議とそう悲しくなかったのです。
前日より発熱しちゃったせいもあり、体調も万全でなく・・・
今になれば、それでよかったのだと納得してます。

 3月末に桜が満開!!!
今日は、「hon ey」の初日舞台挨拶のライブビューイングを
みてきました。
映画の感想は、また後日。
結構な力作ですねぇ~

2018-03-18(日) 15:08

休日

 研修が終わった。
12日間の研修が終わった。
そして、主任ケアマネの資格を貰った。
(まだレポートが残っているが・・・)
と同時期に昇格と昇給の内示を貰った。

 とにかく、この先にこの仕事をするうえで
欲しかった資格だったので良かった。
ホッとしたよ。
もうしばらく研修はないっ!!!

 少しザワザワする春めいた日々。
今日は、久しぶりの完全休日。
娘2の出産は、予定日を越えているが、
この世に出るのをのんびり構えた息子、
もしくはお腹の中が心地いいのか出てこない。
う~ん、もしくは、ワタクシを福岡ライブへ
行かせてくれようとしているのか?
どっちにしても、待つしかない。
宮崎は最初から選択肢になかったんだけど、
47都道府県の最後の地って知って、
そんなメモリアルな日に行きたいなぁ~って
ちょっと心が揺らぐ。
ライブに行き始めた頃には、こんな形で全国制覇
する日がくるなんて思ってなかったよ!!!
ライブハウスじゃなくて、ホールで2年かかっての
全国制覇。素敵過ぎる!!!

 そんな事を思いながら、お休みの1日が過ぎていく。

2018-03-11(日) 18:13

7年

 人の心を溶かすのにどれだけ時間が必要だろう。
あの日、凍えてしまった数多くの心。
その心に暖かく心地よく寄り添う事が出来たなら・・・
それが出来る人は限られるのだろうけど、
けれども、そういう人が1人でも増えたら・・・
少しだけど、光が差す日が来たら・・・

 思いだけでは生きていけないけれど、
後悔をするのではなくて、今を生きている事を
大切にしていければ、ちゃんと生きていけば、
たくさんの方々の思いに代える事ができるのではないか。
そうして、何もなく幸せに本日の午後を過ごせた事。
当たり前ではなく、それは稀な事だという事を心に
刻みながら、日々に感謝をする。
めいっぱい生きる。
今を生きる事に一生懸命でいたい。
そうすれば、後悔の日が減ると思っている。

  黙祷とともに、心を北へ送ります。

 時間は何も解決しない。けれど、人は生きなければいけない。
前に進まなくては何も解決しない。