海月玲二

カテゴリ別リスト:マイカテゴリ-リリース情報(68件):新しい順

検索結果:68件中 1件-25件


いろいろ要望とかもあったので,たまには更新してみた.

  • ソフトキーボードの数字モードを若干変更
  • ソフトキーボードの日本語モードで,括弧とかのキーを追加(シフト中)

記号をもうちょっと使いそうなやつに変えたりとか,そういう調整.かぎ括弧は本来最下段の下フリックにあったのだが,若干入れにくいので,シフトキー→記号キーフリックで入力するようにした.

  • 単語登録中にクリップボードから貼り付けできるようにした
  • 再帰的に単語登録できるように(単語登録中に別の単語登録が可能に)した

単語登録のちょっとした機能改善.

  • Gingerbreadの端末で,設定画面が開けないバグに対処

na2co3氏の指摘で初めて気付いた.場当たり的に対処しただけなので,とりあえず落ちはしないはずだけど,画面は乱れたり真っ黒になったりするかも.動かしたら表示されると思うんだけど.

なお,na2co3氏におかれましては,再帰的単語登録についても氏のコードを参考に(というか丸写しに近い)させていただきました.感謝いたします.

しかしもうGingerbreadの対応も正直めんどうになってきたな.4以降だけ対応にしちゃってもいいかもしんない.

あといつも思うけど,「より一般的な機能が導入されたときに,それまでのやつをdeprecatedにする」ってのやめてほしいなあ.たとえば,テキストしか使わないのに,わざわざ複数の形式をサポートしたクリップボードapiを使って処理するのめんどくさい.初期からあるテキスト専用のやつは簡単でいいのに.Preference画面についても,いちいちFragment強要するのやめてほしい.たまにしか触らないんだし,画面がでかい端末でも,単なるリストで別に問題ないと思う.

メジャーバージョンが上がっているのは,内部的に大幅に書き変わっているためと,Android 2.2以下を切り捨てたからである.ついにIS01では全く使えなくなった.いやIS01なら1.6を使ったほうがいいと思うけど.

今回は,恐怖の巨大クラスSKKEngine.javaがついに整理されたという面が大きい.SKK関係とAndroid関係がだいたい分割されたので,jp.deadend.noname.skk.engineパッケージはjavaで書いたSKKライブラリと言えなくもないかもしれない.言いすぎか.

使う人にとっては,

  • Abbrevモード用ソフトキーボード追加(フリックモードで,シフトを押してからabbrキー)
  • 数字入力用ソフトキーボード追加(フリックモードで,カナキーを上フリック)
  • 複数辞書(設定画面の「辞書管理」で新しい辞書を読みこむ.UTF8に変換しておくこと)
  • ハードウェアキーボードでも,読み入力中の補完候補一覧をtabキーとピリオドキーで選択できる

あたりの機能は,それなりに使う人もいるかも.あとはそうだな,登録中にASCII文字も打てるようにしたり,変換候補にセミコロンやスラッシュが入ってても大丈夫にしたので,顔文字とか登録できるようになった.

大規模に変更したので,もしかしたら変な強制終了とか起きるかもしれない.その場合は/sdcard以下にstraceファイルができると思うので,内容を教えてもらえると助かります.あと,ユーザー辞書が重要な人は,バージョンアップする前に一回バックアップしておいたほうが安全かも.

あと今回は内部を大幅に変更したので,万一,ソースのどのへんをどう変えたのか知りたいという人がいたら,連絡してもらえればgitのbundleファイルを送ります.

前から気になっていた,ハードウェアキーボードを使ってるときに選択ノードがずれる問題を修正した.

今までのバージョンだと,ノードを複数作ってから,

フォーカスをツリーにうつして適当に真ん中へんのノードを選択→フォーカスを新規作成欄にうつして,さらにいくつかノードを追加→フォーカスを再びツリーに戻し,Enter長押しでノード内容を修正

とすると(すべてキーボードショートカットで操作),ずれた位置のノードが開くはずである.つまり,TreeNote的には選択位置を自前で管理しているのだが,ツリー表示は結局ListViewであり,カーソルキー等で選択した位置をこっちでも覚えているわけだな.実にめんどくせえ.

前回変換やりなおし機能を導入したわけだが,あれを使うときはつまり,前回確定した変換自体が意図したものではなかったはずなので,個人辞書に学習したのを取り消すようにしてみた.これで,SKKによくある「タイプミスの結果が個人辞書にたまる問題」がちょっと解消できるかもしんない.

ちょっとだけ新機能.キャンセルキーを設定してある場合,変換確定直後にキャンセルキーを押すと変換をやり直せるようにした.というか,その後一度も変換してなければ直後じゃなくてもできるけど,あんまりそんな必要ないか.

なんかもうアレだ,ソフトウェアキーボードもキャンセルありのほうをデフォルトにしようかという気がしないでもない.正直,カーブフリックがあれば濁点キーとか使わなくない?

AndroidのIMEは,たいてい,状況に応じてEnterキーが「送信」とか「完了」みたいな動作をするようになっているようだ.とりあえずAndroidSKKでもそんな感じで動作するように修正してみた.別にボタンの見た目は変わんないけど.

要は,単純にキーイベントを発生する代わりに,EditorInfoを覚えておいて適切にInputConnection#performEditorAction()するようにしただけだ.

どうも,世の中には「送信」などのボタンを自前で用意していないアプリがあるらしく,この機能がないIMEでは使えないらしい.俺はそういうのを使っていないので,いちおうテストしたつもりだけど,本当にこの修正でいいのかよくわからない.なんか違うようだったらコメントください.

あとキリル文字モードパッチについては,もうブランチを分けておいてバージョンアップごとにgit rebaseしたほうが楽なような気がしてきた.Flavorって基本リソースを変えるぐらいしか想定してない気がする.

Howmmを今ふうのデザインにしてみた.

*このバージョンからandroid 1.6のサポートはしていない*ので,IS01を今でもデフォルト環境で使ってる人とかはあしからずご了承ください.もういないか.CM4IS01とかなら動かないこともないと思うけど,試してないので不明.

まあ見た目が変わっただけで,中身はあまり変わってないけどね.これまでとの違いとしては,まず

・オリジナルhowmm互換の予定表示は,デフォルトではオフになった

この設定をいじってない人は,微妙に表示順が変わったと思うかも.あとは

・トップ画面に,予定だけじゃなくて最近のメモも出るようになった
・並びかえや期間限定などは,検索したあとの画面で指定するようになった
・メモの内容表示を全画面にできるようになった

ぐらいか.

正直,現在のトップ画面でいいかは微妙である.タブ表示にしてメモ一覧と予定一覧を切り替えられるようにする案も考えたけど,「必ず直近の予定とメモが両方目に入る」というほうがいいかなと思って,今のところこのような感じにしてある.

今のままで,トップ画面のリストをスクロールできるようにする,というのでもいいけど,トップ画面でメモ一覧を全部アクセスできるようにすると,並びかえや期間限定指定をトップ画面にも出さないといけないしなあ.そうなるとけっこう中身を書きかえないといけないのでわりと大変だ.

やはり,カーブフリックの角度認識は今までのほうがいい,という人もいるようなので,設定で選択できるようにした.「高」が最近のデフォルト,「中」だと2.5以前までの感度,「低」にするとさらにもっと曲げないと認識されないはずである.

それと,前から気にはなっていた,ソフトウェアキーボードで候補選択中にASCIIモードにすると,確定されず消えてしまうのを直した.暗黙の確定はSKKの特徴の一つだし,さっさと直すべきだった.よく考えたら簡単に直せたし.

あと,「ドコモメールで使うと件名欄だけおかしくなる」という報告をもらったけど,うちには試せる環境がないのでちょっとどうしようもない.悪しからずご了承ください.

なんか公開後すぐ修正して間抜けな感じ.

フリック入力中,たまにキーを押した時点で既に下方向に入ってることがあるようだったので,ちょっと調べてみた.どうも,スクリーンから手を離した時点で呼ばれるはずのKeyboardView.OnKeyboardActionListener#onRelease()が,呼ばれないことが稀にあるらしい.ナンデ? 発生条件もさっぱりわからず,「たまに起きる」としか思えない一番面倒なパターンだ.
しょうがないので,とりあえずonRelease()で処理するのをやめて,onTouchEvent()でACTION_UPを検出した時点で明示的に処理を呼ぶことにしたら,一応改善されたような気がする.

ともかく,「たまに最初からフリックが入っている」という現象を解消したつもり.もし直ってないことに気付いた人は教えてもらえるとありがたい.というかこの現象ってもしかすると前からあったのかな…….

あとついでに,カーブフリックが存在しないキー(「な」とか「ま」とか)で斜め上にフリックすると反応しないだけだったのを,上か左右のどっちかにちゃんと反応するようにしてみた.

例によって,旅行中使っててイラっときた点とかを修正した.

・カーブフリックの角度調整

フリック入力のガイド表示だと斜め45度にカーブさせるとよさそうに見えるが,実は45度よりちょっとでも少ないと認識されず,むしろ直角に曲がるぐらいのほうが認識しやすかったので,けっこう誤爆してイラっときた.もうちょっとぬるいカーブでも濁音とかになるように緩和してみた.このへんの調整って好みもあるだろうけどなあ.

  • 個人辞書のブロック形式に仮対応

「大きい」って変換したあとに「多くの」とか入れようとすると「大く」とか出る問題.とりあえず,個人辞書にはブロック形式で送りがなも記憶するようにした.で,送りあり変換のときは,送りがなブロックに入ってない候補は先頭に出さない.これで一応前述の問題は解決できる.

ただ,間違って一度でも「大く」で確定しちゃうと,あとは一緒なんだよな.どうしたもんかな.

・フリック入力のガイド表示を効率化した

今までの版のガイド表示は,正直言って表示が遅い.一瞬待たないと出ないので,濁点とかは長押しだと誤解してた人もいたほどである.なので,すぐ出るように直した.

内部的には,PopupWindowをひとつにして,中にたくさんTextViewをRelativeLayoutで並べる方式に変更した.どうやらPopupWindowをたくさん一度に出すのはすげえ遅い処理だったらしい.

この変更のためにコードを整理して,わりといろいろ書きかえてるので,もしかしたら変な動きをするかもしれない.もし見つけたら,連絡してもらえると直せるかも.

音量キーは文字サイズ変更だったけど,ページアップ・ダウンに設定できるようにした.T62Dで使いやすいかと思って.

というかランチャーの文字サイズなんかそんな頻繁に変更しねえよ,という気がしてきた今日このごろ.フォントサイズを直接指定する方式のままでよかったかもしれん.

ZenFoneで新規にインストールして試してみたら,なんと新規の場合は落ちることに気付いてびっくりだ.もしかして2.0以降ずっとだめだったんじゃないだろうか.まあ,別に誰も使ってないだろうが,気になるので修正してみた.

ついでに,最近使ったアプリリストに入らないようにしてみたり,アンインストールされたアプリが残ることがあるのを修正した.というか後者は直したような気がするんだが,なんで直ってなかったんだろう.場当たり的に対処したけど,まじめに調べるのめんどくさいな…….

なんか要望があったのでバージョンアップ.

・かなモードキーにもモディファイヤーを設定できるようにした

Alt+Jとかそういうのにしたい人向け.

・かなモードキーをトグルにしない設定をつけた

本来のSKKと同じように,かなモードでもう一回押してもASCIIには戻らないようにできる.

あとオマケ機能として,

・アルファベットのソフトウェアキーボードは,上フリックで大文字になる

というのをつけてみた.微妙に便利.ただこれ,記号もやろうと思うと,ガイド表示かキートップ表示を真面目に修正しないとちょっとまずいよなあ.うーんめんどくさい.

1.8で入れたMarkdown関係ですこし修正.

  • 引用やコードブロックの中では,ボールドやイタリックが効かないようにした

コードなんかだとよくアンダーバーが出てくるし,そもそも引用やコードの中でボールドとかイタリック使わないだろうし.

  • 端末にボールドやイタリックのフォントが入ってなくても,ちゃんと表示されるように修正

android端末って,けっこう日本語フォントのボールドとかイタリックは入ってないのな.ボールドは入ってるときもあるけど.しょうがないからfakeBoldの類を使うことにした.

・テキスト強調のバグ修正

間に一文字だけ狭んでテキスト強調をすると変になっていたはずである.たとえば「この`AndroidManifest.xml`の`uses-sdk`の行を〜」みたいな文を書くと,後のほうがちゃんと表示されないはず.

何が原因でこうなってるのか結構悩んだ.要するに直前直後の一文字も正規表現でチェックしてたため,マッチすべき部分が重複してしまっていたせいなのだが(**と*を区別するのにはそのほうが楽かと思って),いやほんと正規表現って動作が直感的じゃなくて厄介だと思う.

というわけで,オリジナルHowmには存在しない機能をふたつほど追加してみた.

・ハッシュタグ関連

メモ中にハッシュタグを書くと,検索などで特別扱いされる.まず,検索結果一覧ではハッシュタグの行ではなく,そのタグの含まれるメモのタイトルが表示される.ハッシュタグはたいてい独立した行に書くと思うので.さらに,それまでに入力したハッシュタグは記憶されていて,トップ画面のボタンから選んで検索したり,エディタ画面で選んで入力したりできる.

それと,ハッシュタグもリンクになり,クリックするとそのタグで検索される.まあブログとかでのタグの扱いと一緒だな.

  • Markdownもどき

メモ中,リストや引用や文字装飾などをMarkdown形式で書いておくと,読むときにそれなりに整形して表示される(説明ページにある例参照).ただし,#で初めるとタイトルになる機能と()[]でリンクを書く機能は対応してないので注意.特に#はハッシュタグと思い切りかぶるし,そもそもメモに構造化されたタイトルとかあんまり必要じゃないよなあ.

あと細かい修正いくつか.メモ一覧から長押しして既存のメモを編集した場合,自動で再読み込みされるとか,内部的な整理とか.

正直今回の新機能は便利かどうかよくわからないので,ご意見募集中.

今回の更新はなんか微妙な機能が多い感じ.

・フリックで「ヴ」が入力できるようになった

いやあうっかり忘れてた.これでフリックで入力できない文字はなくなったと思う.

・キャンセルキーを設定できるようにした

本来のSKKにおけるCtrl+Gみたいな,単語登録をキャンセルして入力に戻ったり,変換候補選択をキャンセルしたりするためのキー."Ctrl"と"G"を別個に設定しなきゃいけないので微妙にめんどくさい.それと,フリック入力の場合は,試しに小文字濁点キーをキャンセルに変える設定をつけてみた.最近小文字キーとか使わないことに気付いたので.

というか,この機能はバックキーに割りあてたほうがいいんだろうか? 現在のところバックキーは問答無用で全キャンセルなんだけど.でもそうすると単に前のアプリに戻りたいときに不便かなあ.

・エラーレポート出力をつけた

最近聞いた話だと,どうもたまに強制終了になる場合があるらしい.俺のところでは起きたことがなくてよくわからないので,強制終了した場合は/sdcard/strace.txtというファイルにエラー情報を出力するようにしてみた.SKK for androidを使って強制終了した場合,このファイルの中身を教えてもらえると,もしかしたら改善につながるかもしれない.興味がなければ消しちゃってOK.

  • 画面下に出る候補表示を調整

使ってないコードを消したり,コードを整理したりいろいろ変えているが,まあ使うぶんにはあまり関係ない.関係あるのは,文字サイズを変えられるようにしたことと,変換前に表示される候補表示(読みのほう)の内容をちょっと調整したぐらいか.

候補表示は,ユーザー辞書にある候補を優先表示するようにしたり,入力中の文字列で始まる候補だけに絞ったりしている.入力予測の類ではなく,本来のSKKにおけるTab補完みたいな感じになった.というかもともとそうだったのだけど,不完全だったわけであるが.

FetchWebをまた更新した.今回は,機能追加が

  • 外部ホストからのダウンロード可否を選択可能にした
  • User-Agent設定機能

の二つ.外部ホストを無視すると,広告なんかを無視できるので微妙に便利なのだが,画像が別サーバーに置いてあったりするとそっちも無視されてしまうのが難点である.あとは例によってバグ修正だ.1.4以降,リンク変換をオフにしてるとリンク先のダウンロード自体をやらなくなってたりとか,ダウンロードでエラーが出たときの処理がてきとうで無限ループになる可能性があったりとか,なかなか間抜けなミスも多かった.

それからいつものタグ解析ミスの修正.正直,正規表現だけで確実にタグを抽出するのに少々無理を感じる今日このごろだ.属性値の順番が逆の場合もチェックしたりとか,シングルクォートで囲う中にダブルクォートが出てきた場合とか,めんどうなことこの上ない.もういっそのことhtml解析ライブラリの類を入れようか,などと一瞬考えるほどだ.それはそれでめんどうなので結局やってないけど.

バグ報告をいただいたので,いくつか修正.

FetchWeb

・タグの属性値がシングルクォートされてる場合,タグ中で改行されてる場合でもちゃんとリンクを取得できるようにした

NoTouchLauncher

・アプリをアンインストールしたとき,それがたまたま最近起動したリストに入っていると,正常に消えなくなるのを修正

しかしタグの属性値の引用符って,シングルクォートでも許されるんだとは知らなかった.FetchWebを作ってみて,htmlやcssについて意外と勉強になってしまっている.別に何かの役に立つというわけでもないけど.

FetchWebはどうも俺以外にも使ってくれてる人がいるようなので,真面目に改修してみた.

  • 内部処理を修正して高速化した

実は今までのバージョンはかなりてきとうに書いてあったので,そうとう効率の悪い処理をしている部分があった.特にリンクを変換するのが妙に遅い場合があったのだが,それが体感できるほど改善されている.けっこう変わってるので,もし文字化けとか起こすようだったら教えてもらえるとうれしい感じ.

  • 最後にちゃんとエラーメッセージを表示する画面を作った

今までは何か変でもしれっと「完了」とか出ててダウンロードできてない場合がけっこうあったけど,かなり減ったと思う.あと,複数URLをダウンロードする場合も,エラーは最後にまとめて表示するので,いちいち一回一回止まらなくなった.地味に便利.

・タイムスタンプを見るモードをつけた

このモードをオンにすると(デフォルトはオフ),既にダウンロードしたファイルがあり,なおかつサーバー上のファイルが更新されてないなら,ダウンロードしないようになる.ただし,画像とかに関してだけで,htmlとcssは必ずダウンロードされる.これは仕様だ.

あとおまけで,URLをテキストファイルから読みこむ場合,#で始まる行はコメントとして読みとばすようになった.

いやあ,やっと多少マシになったかな.正直,俺しか使わないだろうと思ってたので,なんとも雑なプログラムだったんだよね.もしソースを見てみた酔狂な人がいたら知ってると思うけど.

AndroidSKK更新.

今回はだいぶいろいろ変えた.でかいのはフリック入力キーボードの幅とか左右位置を調整できるようにしたことかな.ほかにも,フリック入力の反応を微妙に改善したり,ハードウェアキーボードのときはSandSが使えるようになってたり,ちょっとした使い勝手がいろいろと向上している.

あ,ひとつ前に書いた,1.6でソフトウェアキーボードが出ない問題もちゃんと解決した.別に誰も得しないと思うけど.

しかしまあ,androidのIMEを作る方法についてはいまいち情報が少なくて,どうもよくわからんことが多い.StackOverflowでさえも回答がつかなくて放置されてる例がときどきある始末だ.

今回,EditText(というかEditable)で保持しているシフト状態をIME側から取得しようとあれこれ調べてみたけど,結局やりかたがわからなかった.これができれば,自前でメタキーの管理とかそんなにしなくてすむと思うんだけどなあ.なんでgetEditable()はInputConnectionインターフェースのメソッドに入ってないんだ?

あとKeyboardの高さは強引に変更する方法が見つかったのに,同じようにやっても幅はどういうわけか変更できない,というか変更するとうまく反応しなくなる.Keyboard#computeNearestNeighbors()を呼ばないとちゃんとサイズの変更に追随しないようなのだが,これがなぜかprivateなのである.というかなんで高さの場合はうまくいくのかもよくわからない.しょうがないので,今回は横幅の全パターンに対してレイアウトファイルを用意するという強引な解決をしてある.

IMEを作ってる人達はどこから情報を得てるんだろう? ひょっとして俺が阿呆なだけ?

要望があったのでFetchWebをひさしぶりに修正.主な機能追加は,

  • URLを開くインテント(メーラーとか)でも起動できる
  • URLを書いたテキストファイルを使って起動できる(複数可)

の二つ.あと,htmlとかcssにdataスキームを使った個所(小さな画像をBASE64で埋めこんであるとか)がある場合に強制終了するのを修正した.

ていうかBASE64で画像埋めこんだりする方法なんて初めて知った.今の時代にはもはやあんまりメリットなさそうだ.でもテーブルレイアウトみたいにあちこちで微妙に残ってたりするのかなあ.

AndroidSKK緊急修正.

フリック入力ガイドの設定が特定の組合せのとき,全く操作ができなくなってしまう場合がある,というバグを修正.

じつはこの「特定の組合せ」というのはデフォルト設定のことなのである.ほかに改修してるのと合わせてバージョンアップしようかとも思ったんだけど,あまりに間抜けなので急いで修正版を上げることにした.

なにしろ,たぶん去年の夏にフリック入力をつけてからずっとこうだったと思うのだが,なんで気付かなかったのか不思議だ.ほかにも動いてる人がいたようなのがもっと不思議である.というか今から見ると,フリック入力版の初期は設定の如何にかかわらず動かなそうに見えるんだけどなあ.

TreeNote更新.前のトピックで何か書いてるが,結局今回も1.6でも動くはずなのでご安心だ.

今回の主な新機能は,ノードの分割機能・前後のノードと結合する機能だ.

あとブックマークを,行番号を覚えるんじゃなくてノード自体を覚えるように変更した.上下にずれてもブックマークがずれたりはしないはず.新ブックマーク機能ではブックマークのタイトルを変える機能はまだ作ってないんだけど,そもそもあれって要るかねえ? 別になくてもいいような気がしてきた.

実はこのブックマークの仕様変更で,若干スクロール動作などが軽くなってるはず.そんなにはっきりわかるようなもんではないと思うけど,ノードがすごく多いときは多少影響があるかもしんない.

おまけとしては,無用なスクロールを減らしてみた.ノードの操作をしたときなどに無意味に画面がぴょんぴょん動くことがあったと思うけど,必要ないときはスクロールしないようになってると思う.

現実逃避は創造性の源である.

最近は主にタブレットを使っているので,ふと思い立ってNoTouchLauncherをあれこれ改造してみた.主な変更点は

・アプリのアイコンを表示
・非表示アプリ設定(複数作成可)を追加
・ピンチイン/アウトでズーム

あたり.だいぶタッチパネル機寄りになってしまったような気がする.いちおうまだすべての機能が物理キーからも使えるし,動作もあまり重くはなっていないはずだが,まだNoTouchの名で呼ぶべきかどうか微妙だ.

むかーしこれを作ったとき,2chで「アイコンも表示してくれたらいいのに〜」的なことを言われたような記憶がある.そのときは「重くなるからヤダ」と思ってやらなかったけど,AsyncTaskでやってみたら別にそんなにレスポンスは悪化しなかった.これなら当時にやっててもよかったかもしんない.すでに2年以上前の話だし,そのころ言ってくれた人はもう使ってないだろうなあ.