ラボ泊での晩酌アテはスパカツ。セイコマ¥100ナポリタンにかね安メンチカツでパパッと温めて一丁アガり。スパカツはミートソーススパにトンカツっていうのが王道なわけだけど、まあ“スパにカツ”の取り合わせってことでヨシ、と。何にしろ出先で煮炊きをするのが大儀なときに重宝する。
お味の方は…そもそも本家スパカツがオカン茹でのスパにどっぷりソース&カツっていう大雑把なものなのでグルメを気取った評価をするものじゃあない。それよりもその豪快さについてはうまく再現できたもの、と満足感はすこぶる大きい。少し焦げさせることで「あ~、コレコレ」感につながる。
余談になるが、昨日触れた火焔山は発熱面積が大きいのでスパとカツを別々に加熱するのに便利だった。あと、高演色ロウソクLEDで光を当てて写真を撮るとなんだか美味そうな絵になったわい。

押忍 快速旅団

先のラボ泊では食材についてあらかじめ包装を解いて中身だけ持ち出し、撤収時には半分に切ったアルミ缶にゴミを詰めて圧縮して持ち帰る手法を採った。これは店を始めた2001年からほどなくして出先でのゴミ処理の自由度が下がってきていることを懸念して編み出した手法。
我が町ではゴミの収集処理が主に埋立てだから成せる荒業だし、今となっては自治体ごとにゴミの分別が違うので万人に勧められる方法とは言えない。が、自分としては今後一泊での外泊であれば基本的にゴミを持ち帰ることにしようかと考えて改めてこの圧縮を試してみた次第。
一つには沙流川/日高町のゴミ処理能力が逼迫して、「正直、ゴミを引き受けたくない」という動向を目の当たりにしたのがキッカケ。まあ、地方ごとC場ごとの処理ルールに合わせるのが大儀になったもあるし。

押忍 快速旅団

今日の日経土曜日版“何でもランキング”は「今こそ聴きたい 元気になれる歌」。総合1位は嵐の「Happiness」だそうで、オッツァンの自分としては「へぇ~」ってくらいの感慨なのは仕方ない。
それより年代別のランキング動向が面白かった。10~30代では嵐に次いであいみょん、50~60代はZARDとウルフルズ。大雑把な嗜好の判断基準が若手はマス系のメディアに影響されている一方、シニア層では保守的な記憶に基づいているように見受けられる。40代はメディアと記憶の間で柔軟、とも。
まあ、この記事自体が日経による誘導である可能性は否定できない。が、記事タイトルを見て50代の一人として「どうせZARDなんでしょ」と直感させられたのも正直なところ。ちなみに自分がメジャーな邦楽として投票するならキャンディーズの「夏が来た」かE-girlsの「Follow me」ね。

押忍 快速旅団

中華ストーブ火焔山の再検証のためラボ設営。…冬のラボは結構気軽に泊まれるんだけど、無雪期となるとシカだのキツネだのがラボの台地を徘徊していて日々マダニのリスクが高くなってきているので泊りはナシね。あまつさえ今夜から明日にかけては雨の予報だし。
先の金曜まで最低気温で氷点下を割るような状況だったのがこの週末には一気に気温が上がって最低でも7℃くらいになってしまった。ツツドリやカッコウが鳴くようになって今朝に至っては遂にセミが鳴き始めたのを聞いた。そんな中で暖房テストって、冬場とは真逆の修行状態になりそう。
5月もあと1週間というところまできて6月ともなれば行きつけのC場も順次オープンになっていくだろう。冬の備えとしてのテストはさすがにもう今回でラストにしたいところではある。

押忍 快速旅団